猿猴

猿猴

作者名 :
通常価格 796円 (724円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

This is 伝奇! 田中啓文が世に問う伝奇小説。「猿猴、つひに蘇り、しかる後、人類を喰らふべし」……世界が崩れる!? ――聖徳太子による「人類滅亡」を意味する預言は真実か? 冬山で遭難した奈美江(なみえ)が洞窟で見たものは? 望まぬ妊娠、殺人事件、不気味な宗教団体、秀吉の埋蔵金……その背後に見え隠れする奇怪な「猿」の影。運命の嵐に翻弄(ほんろう)される奈美江は、やがて世界の根源の謎に迫っていく。著者渾身の文庫書下ろし伝奇小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2020年10月16日
サイズ(目安)
1MB

猿猴 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月31日

    人間に滅ばされたとか、封印されたとかで、大人しくしてたんが、何かの弾みで復活して暴れるってパターンは良くある。
    それが猿で、猿田彦、豊臣秀吉、聖徳太子などなどが、その血筋や!というのは、古代からの神話とかの流れで、ええ感じ。
    でも、コーネリアス?ジーラ?…「猿の惑星」やん!それも初期の奴!(このスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月22日

    オチは適当になってたり、
    猿の惑星で盛り上がってたり
    ちょいちょい雑だったけど
    地底王国やら猿田彦やらムー的な、
    あの頃私が夢中になったあれやこれやが
    いっぱい盛り込まれて
    個人的になんだか懐かしくなった一冊。
    ていうか参考図書学研ばっかや!
    サル顔のなみえといえばやはりスーパーモンキー
    アムロの当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月10日

    聖徳太子が訳した人類滅亡の予言を発端に繰り広げられる伝奇ホラーは非常に読み易くスピーディーな展開なので一気読みも難しくない。神話、秀吉の埋蔵金、UMA、謎の宗教団体…色々な要素が絡み合う。どう纏まるか心配するが田中啓文だから最後はハチャメチャだろうと勘繰るがオチはやや尻つぼみ。ギャグとシリア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    ミステリ、人情物とともに田中啓文得意の伝奇小説。SFもすばらしいのですが作者がてれるのか、遊びと駄洒落が満載で、凄い設定を破壊しまくるので万人にはお勧めできないかな。

    伝奇小説は『郭公の盤』(合作ですが)以来。日本神話とUMA。謎の狂信集団を配し、田中啓文の巧みなストーリー展開で、正統派伝奇小説と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

    民俗学好きな(特に古事記とか好きな)人にはワクワクする物語と思う。
    話の展開は想像できるところがあったけれど最後がこうなるかぁ…と思ったり。
    船は、ノアの箱舟でも示してるんでしょうかね?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    まさに猿まね

    yokaici7 2021年11月17日

    どこかで聞いた話をつなげあわせたツギハギ小節。
    著者の勉強不足か?
    特に猿田彦の位置付けがひどい。
    単に猿の一文字でこじつけてますね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング