鍋奉行犯科帳

鍋奉行犯科帳

作者名 :
通常価格 545円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大坂西町奉行所に型破りな奉行が赴任してきた。名は大邉久右衛門。大食漢で美食家で、酒は一斗を軽く干す。ついたあだ名が「大鍋食う衛門」。三度の御膳が最優先で、やる気なしの奉行に、与力や同心たちはてんてこ舞い。ところが事件が起こるや、意外なヒラメキを見せたりする。ズボラなのか有能なのか、果たしてその裁きは!? 食欲をかきたてる、食いだおれ時代小説。オリジナル文庫。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2013年06月07日
コンテンツ形式
EPUB

「鍋奉行犯科帳」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月13日

田中啓文のキャラってなんか好き。
朝ドラみたいなムカつく関西弁じゃない
登場人物の会話も好き。
最後の一話で美味しい和菓子が食べたくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月26日

『こなもん屋うま子』があまりに楽しかったので、この著者の時代小説ならば、あまり時代小説に慣れていない私でも読めそうだと、シリーズを大人買い。期待を上回る楽しさでした。

大坂西町奉行所に赴任してきたのは巨漢のお奉行様、大邉久右衛門。どケチなくせして、食べるものに関してだけは金に糸目をつけず。しかも、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月19日

大阪のお奉行さん大邉久右衛門、人呼んで「大鍋食う衛門」大食漢で美食家で豪快でめちゃくちゃな性格だけど、憎めなくて楽しい。久右衛門に振り回される周りの人たちもキャラが立っていて、所々挟まってるイラストもかわいい。出てくるお料理はおいしそうだし、蘊蓄も面白い。また面白いシリーズを発見してしまった。
天晴...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月23日

鍋奉行とはいえ、鍋ばかりでなく、もちろん鍋の食べ方を仕切る鍋奉行でもない。破天荒で型破りで食べることだけが楽しみなお奉行の捕物帳でした。振り返ればこのお奉行は大して仕事してない気もするのですが、ここ!という要所の締め方、人の使い方、勘の鋭さが素晴らしくて…最初は眉をひそめていた同心与力もいつのまにか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月01日

美食家で大食いで、豪快でいい加減。でもやるときはきちんとやる(時々八つ当たりが偶然ヒットすることもあるがw)
こういう人嫌いじゃない。

ストーリーはこのお奉行様というよりも、どっちかというと、部下の一同心である若者を中心に描かれています。

江戸時代の大坂が舞台というちょっと珍しい作品。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「鍋奉行犯科帳シリーズ」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!