鍋奉行犯科帳 浪花の太公望

鍋奉行犯科帳 浪花の太公望

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大坂庶民の夏の楽しみといえば、天神祭と鱧料理。だがこのところ、刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは祭どころではない。能天気なのは食い道楽の奉行・大邉久右衛門のみで、騒ぎをよそに料理方の源治郎に鱧の骨切り修業を言い渡す始末。その目的が噴飯もので――(「地車囃子鱧の皮」)。他、極上の献立が彩る2編を収録。鍋奉行の名裁きが魅せる食いだおれ時代小説第3弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年09月05日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

鍋奉行犯科帳 浪花の太公望 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年02月03日

    ネットに掲載されているプロフィールを読めば、明らかに変人であろう田中さん。著作のカバーにあるご本人の写真は、なんだか売れない芸人みたいだし(失礼(^^;)。だけど、時代ものはまだまだ苦手な私がハマっている時代小説、鍋奉行犯科帳シリーズです。好きすぎて、制覇すると寂しくなりそうで、だいじにだいじに読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月23日

    今回も楽しめました♪お奉行様が狸になったりして。さぞお奉行のお腹は良い音がするのでしょう。綾音さんと小糸さんの直接対決?もハラハラさせられました。同じ男を好きになるのだから実は気が合うのかも。とはいえやっぱり綾音さんは好きになれませんが。釣りもまた奥が深くて楽しそう。チャンバラのシーンもなかなかで勇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月23日

    久右衛門のぶっ飛びぶり、相変わらず楽しい~。
    特に、「狸のくれた献立」のあれは最高(笑)
    釣り小僧の三平もいい感じ。
    また出てこないかな。

    小糸と勇太郎の仲は、どうなっていくのやら。
    進展してほしいものだ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月19日

    キャラクターも定着して、
    すっかりシリーズになったなぁという感じですね~。
    愛すべきそれぞれの登場人物に、
    巻き起こる事件の多彩さに、
    いろんな所に題材をとった楽しさ。
    ほんと、ドラマ化とかされても楽しいと思います。

    今回はちょっと「痛い」描写が多かった気がしますね。
    次はホラー系に!?(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月10日

    このシリーズでは定番になった、三平が本作で初登場。
    お偉い侍さんをよく回る口で言い負かすのが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月02日

    食い道楽の奉行に振り回されつつ、様々な事件を解決する大阪西町奉行所のグルメ捕物帳シリーズ第3弾。
    相変わらず鍋奉行は怠け者で意地汚くて理不尽なのに、なぜか最後には物事が丸くおさまる痛快さというか安心感。
    今回は鱧の骨切りの奥の深さを堪能した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    20170325 このシリーズにも慣れてきた。マンネリとは別の充実感がある。いろいろな人間模様が展開を待っているような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月04日

    「地車囃子鱧の皮」鱧とくれば、祇園祭と骨切りですが、これに天神祭りを絡ませてのお話。「狸のくれた献立」登場人物の会話が上方落語を思わせるシリーズですが、これはストーリーも上方落語を髣髴とさせます。はめもの入りで誰か演じてくれないかなぁ。三味線方が大変かな?「釣り馬鹿に死」釣りに登場する地名が江戸時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鍋奉行犯科帳シリーズ のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 鍋奉行犯科帳
    555円(税込)
    大坂西町奉行所に型破りな奉行が赴任してきた。名は大邉久右衛門。大食漢で美食家で、酒は一斗を軽く干す。ついたあだ名が「大鍋食う衛門」。三度の御膳が最優先で、やる気なしの奉行に、与力や同心たちはてんてこ舞い。ところが事件が起こるや、意外なヒラメキを見せたりする。ズボラなのか有能なのか、果たしてその裁きは!? 食欲をかきたてる、食いだおれ時代小説。オリジナル文庫。
  • 鍋奉行犯科帳 道頓堀の大ダコ
    道頓堀に巨大なタコが現れた。対処に大わらわの大坂西町奉行所の面々をよそに、大食漢の名物奉行・大邉久右衛門が用人・佐々木喜内に命じたのは――(『蛸芝居』)。連日連夜、豆腐ばかりの献立に、久右衛門は爆発寸前。どうやら財政難のせいばかりではないようで――(『地獄で豆腐』)。垂涎必至の4編を収録。大坂を舞台に描く、謎あり恋ありグルメありの食いだおれ時代小説第2弾。
  • 鍋奉行犯科帳 浪花の太公望
    大坂庶民の夏の楽しみといえば、天神祭と鱧料理。だがこのところ、刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは祭どころではない。能天気なのは食い道楽の奉行・大邉久右衛門のみで、騒ぎをよそに料理方の源治郎に鱧の骨切り修業を言い渡す始末。その目的が噴飯もので――(「地車囃子鱧の皮」)。他、極上の献立が彩る2編を収録。鍋奉行の名裁きが魅せる食いだおれ時代小説第3弾。
  • 鍋奉行犯科帳 京へ上った鍋奉行
    大坂の町に、将軍家治のご落胤「天六坊」なる者が現れた。すわ天下を揺るがす一大事! のはずが、こんな時でも大食漢の西町奉行・大邉久右衛門の頭の中は美食の探究一辺倒。貧乏飯屋「業突屋(ごうつくや)」のトキ婆さんからもらったハゼを天ぷらにしたのだが、どうにも口に合わない。実は大坂と江戸の天ぷらには大きな違いがあって……(「ご落胤波乱盤上」)。他、型破り奉行が大活躍の2編を収録。シリーズ第4弾。
  • 鍋奉行犯科帳 お奉行様の土俵入り
    町奉行職をほったらかして、稽古後の飲み食い目当てで相撲部屋に入りびたる大邉久右衛門。いつものように力士もあきれるほどの食べっぷりを披露している最中、食うや食わずの弱小部屋の関取が侍に襲われたという報を耳にする。折しも難波新地では花相撲興行を控えており、なにか裏があるようなのだが――(「餅屋問答」)。豪快に食べまくる3編を収録した満腹絶倒の痛快時代小説、シリーズ第5弾!
  • 鍋奉行犯科帳 お奉行様のフカ退治
    大坂の川に巨大なフカが現れた! 折しも水練稽古の真っ最中だった西町奉行所の面々は大あわて。頼みの綱は人間離れの体格を誇る奉行の大邉久右衛門だが、実はまったくのカナヅチだったことがわかり――(表題作)。奸計もくろむ乾物問屋が仕組んだ料理対決。久右衛門の肝煎りで指名された料理人が、あっと驚く人物で――(「ニシンを磨け」)他、美味なる全3編を収録した食いだおれ時代小説第6弾。
  • 鍋奉行犯科帳 猫と忍者と太閤さん
    大坂市中を見廻っていた同心村越勇太郎が謎の集団に襲われた。肩には手裏剣による傷が――天下泰平の世に忍者が暗躍している!? 同じ頃、町奉行所の料理方募集に応募してきたのは怪しげな男たちばかり。そのうちのひとりが作った料理は、美食家の町奉行大邉久右衛門ですら初めて味わうものだった(「忍び飯」)。他に公家一家から猫を盗もうとする一味との戦いなど、全3編収録のシリーズ第7弾。
  • 鍋奉行犯科帳 風雲大坂城
    将軍上洛の報に大坂城は大騒ぎ。饗応の膳を調えることになった西町奉行の久右衛門は献立作りに四苦八苦。そこに東町奉行が名乗りを上げたことから、いつしか東西奉行所同士の闘いに――(「風雲大坂城」)。僧形の一団による押し込み強盗や、鍋奉行を騙る無銭飲食が現れたりと、不穏な空気に包まれる大坂の町。そんな中、同心の村越勇太郎は一大決心を固め――(「偽鍋奉行登場!」)。シリーズ第8弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング

鍋奉行犯科帳シリーズ に関連する特集・キャンペーン