伊吹亜門の一覧

「伊吹亜門」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

8/12入荷
本格王2020
814円(税込)
購入予約

作品一覧

2020/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    幕末から明治にかけての激動の時代の京都を舞台に起きた殺人事件を尾張藩士公用人·鹿野師光と佐賀藩士·江藤新平が解き明かす短篇集。時代背景もあるけど密室の成立が甘いかな、と思っていたらそれを逆手に予想外の締め方に持っていかれる。内側から閉ざされた部屋の中で介錯を受けた切腹死体が見つかる「弾正台切腹事件」...続きを読む
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    傑作。

    緻密なミステリとしての組み立てもさることながら、何より時代背景をとことん織り込んだ人間ドラマ。
    すべての謎に、当時の情勢が色濃く絡んでおり、その作劇にただただ唸った。

    そしてこの……!!
    江藤新平と鹿野師光の二転三転する関係!!!!!!
    ヤバい好き!!!!
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    江藤新平を主人公にしたミステリー。最近あまりない動機をテーマとしていることや(特に監獄舎の殺人が秀逸)、実際の歴史を背景にしていて勧善懲悪には括れないマキャベリズムが透徹されていること、江藤新平ともう1人の主人公である鹿野師光の関係性が魅力的。続編が難しいところが残念。
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    正直私は歴史には明るくないけれど、それでも読みやすかったのは、現代の感覚と上手く融合されているということなのかな?
    奇抜なトリックを使うわけではなく、あくまでも論理的に犯人を推理していく過程は無理がなくて「あーなるほど」と思わせる。
    やっぱり「監獄舎の殺人」が好き。この短編だけでも面白いけど、これが...続きを読む
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
     この小説を新聞コラムで見つけ早速取り寄せた。表紙に書いている通り、第12回ミステリーズ新人賞を受賞したという。
     注目したのは、おそらく幾多の時代推理小説がある中で、明治維新直後のまだ新政府が不安定な時に、本格推理小説を当て込んだ発想が面白いと思ったのです。
     主人公は2人で江藤新平という実在の人...続きを読む