伊吹亜門の一覧

「伊吹亜門」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/07更新

ユーザーレビュー

  • 刀と傘 明治京洛推理帖
     この小説を新聞コラムで見つけ早速取り寄せた。表紙に書いている通り、第12回ミステリーズ新人賞を受賞したという。
     注目したのは、おそらく幾多の時代推理小説がある中で、明治維新直後のまだ新政府が不安定な時に、本格推理小説を当て込んだ発想が面白いと思ったのです。
     主人公は2人で江藤新平という実在の人...続きを読む
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    幕末の京都で出会った若き尾張藩士・鹿野師光と、後の初代司法卿である江藤新平の友情と対立を描いたミステリ連作短編集。
    不可解な謎を論理的に解決する手腕は同じでも、信じる正義が異なる二人の関係が変化してゆくところが切ない。動乱の時代ならではの構成が素晴らしいと思った。
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    幕末から明治初期を時代背景とした推理小説。元尾張藩士・鹿野師光、佐賀藩士から初代司法卿となった江藤新平が登場する事件帖。5編の短編からなるが、どの作品も読み応えのある良質の作品集。
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    これは良い。幕末から明治の初期までの期間を描いている。佐賀藩出身で後に初代司法卿になる江藤新平と尾張藩出身の鹿野師光の出会いから「別れ」。友情と交わることないそれぞれの道。渋みのある作品。
  • 刀と傘 明治京洛推理帖
    ・明治維新直後、という時代設定の物語はあまり読んだことがなかったので新鮮。そのころの日本の状況もあまりよく知らなかった。動乱期、といえば簡単だけれど、その時期ゆえの物語なのが面白い
    ・男性2人が主人公。バディものかと思いきや、道を違えてすれ違い、近づいたりしながら物語が進む
    ・それぞれが持つ「矜持」...続きを読む