我孫子武丸のレビュー一覧

  • 弥勒の掌
    2020年、23冊目は、『殺戮にいたる病』以来、約7年振りの我孫子武丸。

    冷えきった夫婦関係の末、妻が失踪した高校教師、辻。妻が殺害された上、汚職の嫌疑がかかった刑事、蛯原。二つの事件の背後に新興宗教団体の影が見えてくる。偶然出会った二人は共同捜査を開始する。

    ミステリー仕掛けの捜査物、サスペン...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病

    読み返しました

    少し違和感を持ちつつ読み進め、最後で驚愕!もう一度読み返して納得。お母さんの記述が少ないのが残念でしたが十分に面白い作品だと思います。
  • 修羅の家
    ハルオが晴男じゃなかった事が一番の叙述トリック。エピローグらしき物が一切なくて、これから愛香と北島がどうなるのかは想像に委ねられるが、地獄を抜け出した所で終わる。というのが確かにしっくりくる終わり方かもしれない。
    洗脳の有り様、家庭が崩壊していく描写とか怖い。。
  • 狼と兎のゲーム
    久々の我孫子作品だったが、やっぱり楽しめた。

    主人公は小学5年生の智樹とそのクラスメイトである心澄望。

    巻頭から2人が恐怖に怯えながら逃げるシーンが描かれているが、これが本作の重要なシーンでもある恐怖のリアル鬼ごっこ。

    心澄望は警察官である父親から日常的に暴力を受けていて生傷が絶えない。

    ...続きを読む
  • 弥勒の掌
    本作も著者である我孫子武丸の良さ(凄さ)をしっかりと感じることが出来た。

    主人公となる登場人物は教師である辻恭一と刑事の蛯原篤史。

    1小説毎に教師と刑事が入れ替わりながら描かれ、2人は出会う。

    互いに妻を殺された者同士、犯人探しの中でたどり着いたのは宗教団体《救いの御手》。

    最終章のタイトル...続きを読む
  • 新装版 8の殺人
    8の字屋敷で起こった、蜂須賀菊一郎殺しと河村美津子殺し。
    最後に真相説明するのは、警視庁の速水恭三警部補の弟の慎二。
    2つの事件とも、巧妙な殺人方法が取られている。河村美津子殺しの密室に関しては、ちょっと上手く行きすぎとは思うが。
    菊一郎の死体が引きずられていた理由、常夜灯が交換されていた理由、左利...続きを読む
  • 弥勒の掌
    どんでん返しがあると知り、購入。たしかに最後のどんでん返しにはうなる。しかし欲を言えば若干無理があるような気もした。続きが気になってよみすすめられたので満足です。
  • 狼と兎のゲーム
    暴力をふるう父親を持つ少年と、その友達が父親から逃げるお話。
    この父親は最低な男だ。逃げることができのか?見つかってしまうのか?のハラハラが楽しめる本。
  • メビウスの殺人
    速水三兄妹シリーズ第3弾。結局シリーズ3作を3日で読破しちゃいました(笑)前作までの愛すべきキャラ木下刑事の出番が少なかったのは個人的には淋しさを感じるも、犯人は犯行の中で2つのゲームを楽しんでいた。2つのゲームの謎解きを進める中で、ゲーム相手であるべきCAT O'NINE TAILSの驚愕の正体が...続きを読む
  • 弥勒の掌
    星3に近い4。「殺戮に至る病」を読んだ時は本当に衝撃を受けたし、本作も衝撃度という意味合いでは名作の部類に入ると思う。そしてもっと引っ張れそうなネタなのに、潔いページ数で綺麗に締めているのも評価ポイント。にも関わらず、手放しで絶賛できないのは何故なのか…。
  • 弥勒の掌
    主人公二人に起きたそれぞれの事件が、どこかで繋がるとは思っていたけど、私の予想とは違っていた。最後の章は早く真相が知りたくて読むスピードも早くなっていた気がする。最後は少し呆気ないが、悪い感じはしない。
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    弓道ほとんど知らないけど、やっぱり「道」なんですね。その作法?所作?、興味深かったです。

    主人公が視野を広げつつ成長していく様が素敵で、ほんの一振りって具合のミステリー要素も効いていて読後感の良いお話でした。
  • 弥勒の掌
    妻が失踪した男、妻を殺された男、交互に視点が入れ替わるのは「殺戮にいたる病」と同様ではあるが、読後の印象はまるで違う。あちらは迸る衝撃波に打ちのめされたが、こちらは弥勒様の浮かべる微笑にじわりと心を侵食されるかのような気分だ。著者は実に遊び心がある。
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    我孫子さんの作品はかまいたちの夜から入ってほとんど読んでいるつもりです。
    最近の作品は正直設定は面白いけど消化不良みたいなのが多かったのですが、この作品は久しぶりの快作だと思います。
    女子高生の視点で描かれているので軽妙ながらもミステリーの部分では引き込まれます。
    弓道の面でもスポーツと武道の違い、...続きを読む
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    弓道部だった頃を思い出した。高校の頃は不真面目に、大学の頃は真面目に引いていたけど、あの頃に読みたかった本。また弓引きたくなった。
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    【収録作品】甲矢と乙矢/弓の道、矢の道/弓と弓巻き/打ち起こし/射詰/射即人生/弦音 
     何かに真摯に取り組める時間をもてる人は幸せだと思わせてくれる。素直な主人公の成長ぶりが気持ちよく、周囲の大人もちゃんとしていて、読後感が爽やか。
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    弓道場での殺人事件を関係者にしかわからない知識でずばっと解決したことから名探偵扱いされる主人公。さすがに刑事事件が続くわけもないが、日常の謎をどんどん解いていくのは気持ち良かった。弓道の所作とか試合展開とか初めて知ることが多く、部活ものとしても面白かった。
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    中校一貫の私学で中学から弓道を始めている主人公にシンパシーを感じて読み始めました。

    しかし、中高の6年間でやめてしまった自分とは違って、人生を通して弓道と向き合って行こうとする主人公の素朴かつ真摯な姿勢が眩しく、何とも言えない読後感。共感と疎外感の波状攻撃でした。

    弓道小説として楽しもと思うと、...続きを読む
  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    弓道物でミステリとは珍しいなと思い読んでみましたが、そこまでミステリではなかったです。
    高校時代弓道をしていたので色々と懐かしい気持ちになりました。作中に出てくる弓具屋さんはきっとあそこだろうな。
  • 狼と兎のゲーム
    あれ?こんなポップな文章書く方でしたっけ!?山田悠介かよ!?
    って思いましたが、元がYA小説向けのプロットとのこと(あとがきより)で納得。
    一部グロい部分はあるので、ヤングにはお勧めはしない。