我孫子武丸のレビュー一覧

  • 弥勒の掌
    10年以上の積読本。お互いをあまり信用していない、教師と刑事のバディものなのかなと思って読みすすめて最後にガツンとやられる。ぜんぜん違うけれど、我孫子さんだけに『殺戮に至る病』に読後感が似ているように思った。まんまとやられた。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    完全に騙された。久しくミステリに触れてこなかったが、やはり良いものである。
    作者は自分の他の作品と比べてこの一作が際立って売れていることを無為に首肯していないが、この作品だけが特別な評価を得るのも致し方ないのではないだろうか、それ程までに素晴らしい作品だった。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    ラスト、「え?これで終わり?」「どういうこと?」としばらく置き去りにされた。それから、よくよく話を思い返してみて、全てが繋がった時、胸の騒めきが抑えられなかった。完全に騙された、としか言えない。個人的にとても好きでした。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    積読になってたんですが、小説読みたい欲が再発して読み出した一冊。
    エグめの描写と狂気が生々しく表現されていて、なかなか気分が悪くなりながらも気になってどんどん読んでしまいました。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    グロいのは仕方ありません。

    最後の最後で「ええっ!?」ってなります。

    叙述トリック?というんですかね、見事にやられました。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    年代をずらすトリックか、稔が2人いるトリックかとか考えながら読んだが全く違和感のない文章のおかげで稔=息子という構図をしっかり脳内に描いてしまった、そして最終章では終局に向かう物語に引き込まれていき、最後の一文で軽くパニックを起こした。

    軽く思い返しただけでも稔が大学の授業を受けているのではなく教...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後の1ページ、最後の1行が衝撃すぎて、何度も読み返した。読み返して見ると、あ、え?そゆこと?え?そゆこと?の連続。実にぐろい内容だが爽快に騙されて満足。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    ミステリーは好きで色々読んでいるが、久しぶりに没入して楽しめた作品だった。どんでん返しの展開と言ってもどうせ予想がついちゃうんじゃ?と甘く見ていたら良い意味で裏切られた。とても面白かった!
  • 新装版 殺戮にいたる病
    描写が生々しくて気持ち悪くて、こんなの人前で読んでていいのかな?と思うほど。でもページを捲る手が止まらなかった。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    騙されないだろうと高を括っていたが、騙されました。完敗。
    各章が終わるたびに、推理して読み進めていたが、絶対に気づかないであろう叙述トリックに脱帽。
    またサイコキラー蒲生稔視点のストーリーが忌々しい。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    言われてみればそうだった、と思わせるラストは圧巻。
    ただし、あまり若い世代にはすすめられない一冊ではある。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    こんなこと言ったら、読んだことある人達にドン引きされるかもしれないけど、数々の性的な描写に感動してしまった。

    叙述トリックに関してはもはや語る必要が無い。ラスト数ページでの、ん?どういうこと?はい?というあの感情はやっぱり気持ちがいい。

    この作品の特徴として、そのグロさがよく話されると思うけど、...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    最後の最後までどのような展開で、結末を迎えるのか想像ができない所が面白い。グロテスクな表現が多く、目を背けたくなるが、それだけ稔の心が病んでいたのかが分かる。その原因も含め、最後に全てが集結される。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    ただただ残虐な事件を犯人目線や警察目線で進んでいく物語だと思っていた…。
    そしたら最後の最後にまさかの事実が。
    断片的なピースがハマるというのはこういう事を言うのか!

    叙述トリックを除いても、残虐な表現や生々しい表現に心を抉られる。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    犯人目線で書かれているからか、グロい表現であっても怖さはなかった。
    最後の一行で鳥肌が立つ感覚がたまらない。
  • 新装版 殺戮にいたる病
    途中で違和感を感じることがありつつも、違和感の正体がわからず、最後まで面白く読めました。グロい表現があるのでそこはなるべく自分に置き換えないように気をつけて。
  • 7人の名探偵
    ミステリーアンソロジー7作品短編集。あとがき解説無。
    新本格30周年記念に寄せて7人の名探偵を一気に味わえる心にくい演出です。
    順に読み進め7作目の『仮題・ぬえの密室』に全てが集約され、ずっしりとした本格の歴史を感じました。これから読まれる方にも入りやすい作品を探すのにお勧めです。
  • 7人の名探偵
    新本格30周年の記念アンソロジー。
    新本格に夢中になってたのが20年前くらいなので、思えば自分も年をとったものだなあと。あと、出産~育児で読書から離れていたのもあり、これで久しぶりに読んだ作者も結構いたりして懐かしくなった。
    全体を通して、ストレートな本格の割合が低くて、結構意外だった。全員の個性が...続きを読む
  • メビウスの殺人
     速見三兄妹シリーズの第三作目です。今回は無差別殺人事件です。濃いキャラクターのどたばたギャグは健在。
     作者の我孫子武丸氏は、この作品を書いているうちに『殺戮にいたる病』を思いついたそうです。明るい『メビウスの殺人』に暗い『殺戮にいたる病』と、明るさは全く違いますが、そういえば似た雰囲気を持ってい...続きを読む
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    ネットやスマホの普及で本格ミステリ界隈にも色々な変化が訪れてるというのは耳にするけど、新本格30周年記念である本作には奇しくもAIの探偵を扱った作品が2本収録されていて、なんだか感慨深い。
    この先新本格40周年、50周年と迎えたとき、どんなミステリが書かれているのか、この30周年はどんな気持ちで読...続きを読む