「三津田信三」おすすめ作品一覧

  • 作者名:三津田信三(ミツダシンゾウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 奈良県
  • 職業:作家

高野山大学人文学部国文学専攻卒。2001年『ホラー作家の棲む家』で作家デビュー。『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。その他『十三の呪』をはじめとする『死相学探偵』シリーズなど数多くの作品を手がける。

作品一覧

2016/11/25更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 凶鳥の如き忌むもの

    『もちろん合理的精神と論理的思考が、尽く通用しない可能性も否定はできません。ですので、その場合は、また別の考えを取り入れる必要が出てくることになります。

    それが、あらゆる可能性を検討するーという真理の探究に相応しい態度かと、僕には思われるのですが?』

    第十章「人間消失の分類と方法」からの謎ときが...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 厭魅の如き憑くもの

    こういうのも叙述トリックと言うのだろうか。面白かった!多重どんでん返しで何度も状況がひっくり返るので解決編なのにいい意味で安心感がなく、引き込まれる。しかもどれも真相に採用してもいいくらいのネタなので贅沢な気分に。登場人物みんなちょっと変な気配がしたくらいでこの世の終わりの如く騒ぐのがホラーを通り越...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 首無の如き祟るもの

    今まで読んできたミステリーの中でも構成の緻密さや伏線の張り方が超一級品。
    奥多摩の媛首村を治める秘守家の跡取り・長寿郎の「十三夜参り」と「婚舎の集い」という儀式中に発生する連続殺人。
    舞台となる媛首山そのものが「密室」となり、不可思議な儀式そのものが「仕掛け」となっている。「首無し死体=入れ替わり」...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集