作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上)

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

杏羅(あんら)町――。地方都市の片隅に広がる妖しき空間に迷い込んだ三津田は、そこで古書店<古本堂>を見いだす。ある日、親友の飛鳥信一郎を伴って店を訪れた彼は、奇怪な同人誌『迷宮草子』を入手する。その本には「霧の館」を初め、7編の不思議な作品が収録されていた。“作家3部作”第2長編、遂に降臨! (講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2014年02月14日
紙の本の発売
2010年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月09日

    ノベルス版既読です。読めば怪異に襲われる謎の同人誌「迷宮草子」に関わってしまった三津田信三ら。作中作品は、幻想的なものから、伝奇的あるいはパズル的なものなどそれぞれ趣向を凝らしたホラーミステリ作品となっており面白い。それら作中作の謎を一片ずつ、怪異に追い詰められながら解かなくてはならないシチュエーシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月07日

    主人公三田および親友飛鳥信一郎は同人誌「迷宮草子」を入手し様々な怪異に襲われる。その怪異は各作品の謎を解かなければ止むことがない。そして読めば読むほど二人はのめりこんでいき、怪異のスケールも上がっていく……。

    本作品は上巻に当たる。「迷宮草子」は全7話からなり、この上巻ではそのうち4話までが収録さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月21日

    面白かった!構成が変わってるけど、それが読みやすさになってて、どんどん引き込まれる。しかも、逆から読んだ私からしたら、今までに読んだ中に関係性があるものがあったし、なかなか楽しかった。しかしながら、やっぱり作者と同じ名前の主人公はどうも…。有栖川を思い出してしまう。そうすると、新一郎が火村に見えてき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月18日

    『迷宮草子』という同人誌に翻弄される話 
    『迷宮草子』に掲載されている謎の部分を主人公たちが解き明かしていく
    主人公たちと同じ気分で、「早くこの話の謎を解かなきゃまずいんじゃないか・・・!」とハラハラして結構なスピードで読んでしまった
    上巻では主人公たちの出した答えに「おや?」と思う部分もあるが・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月18日

    ドキドキしながら一気に読めます。一人っきりの部屋では怖くて読めませんでしたが。。。今注目の作家さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月23日

    新書版を読んだ頃には、刀城言耶シリーズは読んでいなかったからなんとも思わなかったが、今、そのシリーズを読んでから文庫本を改めて読むと、作中作に刀城言耶シリーズのキーワード「朱雀連山」「神々櫛里」「沙霧」という言葉が現れるのが音楽の多重奏のような効果で、なんとも言えぬ禍々しさを醸し出している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月01日

    奈良の古書店で同人誌『迷宮草子』を手に入れたことで、その中の作品の内容と似たような怪奇現象に襲われる主人公と友人。
    本の中の作品んの謎を解かなければ過去にその本を手に入れた人たちのように消えてしまう。
    一冊の本をめぐる恐ろしい物語。
    本を読んだことで呪い?憑かれる?て怖い。
    毎日、読書する身としては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月15日

    三津田信三と親友の飛鳥信一郎は同人誌『迷宮草子』を入手

    迷宮草子の七編の短編の謎を解かないと怪異が襲う
    迷宮草子を読んだ読者は次々に行方不明になっているらしい

    第一話「霧の館」

    第二話「子喰鬼縁起」

    第三話「娯楽としての殺人」

    第四話「陰画の中の毒殺者」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月26日

    伝奇ホラーと本格ミステリの融合。二度、三度と繰り返されるどんでん返し。おどろおどろしく怖くてしょうがないくせに、やめられない止まらない。ホラー嫌いのはずがなぜ、三津田信三にはまってしまったのか(汗)。
    ホラー要素たっぷりでこわいよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月15日

    『迷宮草子』という同人誌を読んだ人に降りかかる正体不明の怪異と書かれた内容の謎解きを綴った本。作品を一作ずつの間に謎解きが入り、短編集のようでありながら繋がっています。非常に続きが気になりました。謎解きは結局どれが答え?って時もあり、これは私の読解力が足りないせいですかね…?

    このレビューは参考になりましたか?

作者不詳 ミステリ作家の読む本 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上)
    杏羅(あんら)町――。地方都市の片隅に広がる妖しき空間に迷い込んだ三津田は、そこで古書店<古本堂>を見いだす。ある日、親友の飛鳥信一郎を伴って店を訪れた彼は、奇怪な同人誌『迷宮草子』を入手する。その本には「霧の館」を初め、7編の不思議な作品が収録されていた。“作家3部作”第2長編、遂に降臨! (講談社文庫)
  • 作者不詳 ミステリ作家の読む本 (下)
    尚も読み進める三津田と飛鳥信一郎の周囲の異変は激しさを増していく。解き明かさなければ破滅が待つ。2人は“本”の恐怖から逃れることができるのか。最終話「首の館」の扉が開く。著者の綴る異界の源がここにある。驚愕のホラー&ミステリ完結編。(講談社文庫)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者不詳 ミステリ作家の読む本 に関連する特集・キャンペーン