朝井まかての一覧

「朝井まかて」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朝井まかて(アサイマカテ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

甲南女子大学文学部国文学科卒。2008年に『実さえ花さえ』で小説デビュー。『恋歌』で第150回直木賞、本屋が選ぶ時代小説大賞2013を受賞。その他作品は『ちゃんちゃら』、『すかたん』など。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 恋歌
    読み始めは、とっかかりずらく、またにしようと思ったが、読み続けるほど引き込まれていった。情景の描写が上手くて、まるでそこに居るようであった。水戸藩の内情が理解できた。歴史が変わる時は残酷である。
  • ぬけまいる
    男勝りで博打の才のある「お以乃」
    冷静で武芸の達人「お志花」
    派手好きで商売の達人「お蝶」

    馬喰町の猪鹿蝶と呼ばれた少女たちも
    はや三十路手前
    さまざまな屈託を抱えてた3人がある日突然
    すべてをほっぽり出してお伊勢詣りへ♪

    旅の途中でトラブルに巻き込まれたり
    自分たちから首をつっこんだり。
    果て...続きを読む
  • 落陽 文庫版
    ハードカバーで発売されたときに読みたいと思いつつ読まずにきてしまった。文庫で見つけて思い出したように手に取ったけれど、今この時に読めたことに感謝したい。
    明治神宮はどのように造営されたか。記者の視点でそれを追いながら、日本という国の形、明治天皇に対する人々の想いが浮かび上がる。

    明治神宮の森が献木...続きを読む
  • 草々不一
    武家には武家なりの生きづらさがあり、それゆえの生きざまがあった。
    という当たり前のことに改めて気づかされる。

    本書の各篇はどれもそれぞれの人生に寄り添った、味わい深い手練れの仕事だ。
  • 雲上雲下
    民俗話かあ、と思っていたけど。
    ぐいぐい引き込まれたー。
    キャラがみんないいんだなあ。

    お話では猫寺が好き。思わずホロっときてしまう。

特集