丸木文華の一覧

「丸木文華」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:丸木文華(マルキブンゲ)
  • 生年月日:1981年06月23日
  • 職業:イラストレーター・シナリオライター

『幼なじみ』、『毒姫と赤い伯爵』、『隷属志願』などの作品を手がける。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/08/16更新

ユーザーレビュー

  • アフェア~人でなしの恋~【特別版】
    W不倫で受けの妻は妊娠中。攻めの妻も受けの妻も良妻。それなのにお互いにどんどん深みにハマっていってしまう。理性ではどうにもならない感情がそこにはあって、作中にも何回か出てきましたが「溺れる」というような恋愛が読みたい方には最高におすすめの1冊です。
  • 残心 中白の恋
    丸木さんの作品で1番爽やかな作品。
    受けも攻めも復讐や曲がった欲望を抱いていない!
    素直に好きだけで行動している。
    読後感もさっぱりしている。

    丸木さんの作品に多い、強い執着、凄いエロ、歪みが生まれる背景といった特長も、今作では
    強い執着くらい。

    主人公の美しさと天然な感じとても好きでした。お兄...続きを読む
  • 霧の楽園

    物悲しく切ない系

    あとがきどおり、ミステリー要素もあって最後にストンと落ちる作品でした。
    物悲しくて切なくて美しい2人。余韻の残るお話でした。大好き。
  • ヤクザに惚れられました~フェロモン探偵つくづく受難の日々~電子書籍特典付き
    雪也んちのゴタゴタ回。

    余所の組の新キャラ。。気になる。
    兄、赤井さんじゃなかった蒼い人と繋がりありそう。狂犬弟、ラテン系のイケメンのイメージ(勝手にしてる)

    今作では一方通行が多かった二人が、両思いっぽい雰囲気になってる気がする。
    誘拐は通常運転(知ってた)。嵐の前の静けさな気がする。
  • 罪の蜜
    思いがけず大当たりを引いてしまったかのような。

    元々は、笠井あゆみ先生のイラストの小説を漁っていたときに発掘した本です。丸木先生の小説も、この時点では読んでいて、端正な文章を書かれる方だなと思っていたので、軽い気持ちで。

    いわゆる年下攻めで執着系、なのでしょうか。非凡な才能を持つ攻め(でも本人は...続きを読む

特集