開かれたとびら  小説現代特集アンソロジー

開かれたとびら  小説現代特集アンソロジー

作者名 :
通常価格 599円 (545円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

*本作品は、「小説現代」二〇二二年五・六月合併号に掲載された「BL出身作家が描く新しい物語 特殊 開かれたとびら」を電子書籍化したものです。

愛とはなに? 幸せはどこに? 私たちは、なぜ、行きづらさを感じるのだろう。
切なさがある限り、物語は生まれ続ける、永遠に。
魂の叫びと、寂しさの根源を書き続けてきたBLジャンル出身の作家たちが描く、新しい文芸小説。

凪良ゆう「汝、星のごとく」(前編)
華藤えれな「アディオス・ノニーノ」
木原音瀬「考察」
砂原糖子「ある世界」
丸木文華「あやか」
ひらりさ 評論BL論「そこはただの温室ではない」

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2022年05月18日
サイズ(目安)
21MB

開かれたとびら  小説現代特集アンソロジー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ購入済み

    やっぱり凪良ゆうは良い

    はるか 2022年07月03日

    初めて文芸雑誌のようなものを読んだ。
    凪良ゆうが好きすぎるのもあるし、何よりもBL作家による非BL作品の特集というのに惹かれた。

    BL作家に「普通」から少し外れてしまった息苦しさに寄り添っているのがいい。
    半沢直樹のような、分かりやすい苦しさではなくて(そういった作品も面白いんだけど)、幸せに生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング