「木原音瀬」おすすめ作品一覧

「木原音瀬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:木原音瀬(コノハラナリセ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:10月27日
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

1995年『眠る兎』でデビュー。単行本デビューは1996年『セカンド・セレナーデ』。代表作に『箱の中』と続編『檻の外』がある。『キャッスル・マンゴー』は小椋ムク作画によりコミカライズされている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/12更新

ユーザーレビュー

  • 吸血鬼と愉快な仲間たち
    BLとしてはゆっくりとしたスタートですが、
    それ以上に話の展開が面白かったです。これからアルと暁の関係がどう変化していくのが楽しみ。
    それにしても蝙蝠姿のアルがとてもかわいい。
  • COLD HEART in NEWYORK【イラスト入り】
    秋沢が頭おかしいから、安易に受け入れちゃいけなかったんだろけど、
    まーーー 本気でうざい。秋沢うざい。
    可哀そうなとことか、可愛いとことかあるけど、うっざ。
    そして五木に腹立った。
    あぁぁなんかすっきりしない。
    いや、でもわかる。こういうラストになるのも分かる。
    よくできたストーリー展開...続きを読む
  • 箱の中
    もともとはBLノーベルから2冊出版されていたものが一般書として文庫化したものだと知り、驚きましたが「BL」と一括りにしてしまうのはやっぱり惜しい作品。痴漢冤罪、詐欺、不倫、殺人、そして、人を愛することとは一体何なのか?様々な人間の心理や感情を痛いほどに追求し描かれていて、こんなにも人間の心理を突きな...続きを読む
  • 深呼吸【イラスト入り】
    大人二人のはつ恋を丁寧に丁寧に書かれている。だけでなく、最初の話(深呼吸)は2002年に書かれているのだけどもその時点で、ただ言われたことをしているだけではその仕事はいずれ機械に取って代わられることをスパッと登場人物に言わせ、なおかつ書き下ろしのお話(深呼吸2)では、契約社会の側面をこれまた登場人物...続きを読む
  • 吸血鬼と愉快な仲間たち 2巻
    蝙蝠アル、可愛いですね。
    高塚さんに色々と疑惑浮上してしまって、ニヤニヤ。

    蝙蝠姿だけでなく、自分に出来ることは何か、と頑張るアルが健気で可愛い。
    吸血鬼とは言えないアルの辛い過去の話もあったり、連続殺人事件もあったりと、内容の濃い一冊でした。

特集