嫌な奴

嫌な奴

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

学生時代に杉本の「親友」だった、粗暴で自己中的な男、三浦。病に臥せる三浦を、杉本は十二年ぶりに病院に見舞う。そこから再び始まった二人の奇妙な関係は、不本意な同居生活まで発展する。これはいったい、友情か、愛情か、執着 か……。傑作BL『箱の中』の作者が、執拗かつ理不尽な同性同士の愛を描く。

カバーイラスト:丹地陽子

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年02月14日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

嫌な奴 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    やっぱり執着と登場人物の性格の悪さを描かせたら木原さんだなって原点回帰なストーリー。三浦の暴力や執着はあからさまだけど、偽善や体裁そういう誰も持つ闇の部分を持つ杉元もまた嫌な奴な訳で。でもそれも含めて嫌悪感を抱きつつも読み進めていくうちに何故だかキャラに感情移入してしまう。ハッピーエンドに見えて本人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月16日

    初の木原音瀬先生の作品!
    普段の倍の速度で読み終えました!
    すっっっごいのめりこみました!
    凄いです。この世界観。かなり重みのある話というか、縛り付けられるような感覚に陥る。
    そのワールドにはまり込んでしまう。いやぁ凄い!
    こういう愛?の形に触れるのは初めてで震えました。
    そして、この先生の文章とて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    三浦が不憫すぎて‥‥

    まちりとー 2021年04月03日

    最後の3行で涙腺崩壊しました。
    初回限定のSS読めた人が羨ましいです。
    どうしようもない切ない想いが伝わってきて、読みながら苦しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月17日

    とても良かったです。これぞ木原音瀬作品という感じ。視点は主人公の杉本和也の視点で描かれていて、杉本は三浦が心底嫌いなのですが、その嫌われている三浦の心情が最後まで全然つかめませんでした。もう終わる!あと数行しか無いのに!というところで、胸を締め付けられるような苦しさが押し寄せて幕を閉じます。思わず泣...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    恋愛でも友情でもない、なにかわからない、嫌で仕方ない、一緒にいると苦痛しかない、でも離れられないという、この関係が好き。とくにこの作家さんの描くこのどうしようもない関係が好き。今まではそこに結局ハッピーエンドがあって、それもそれでめちゃくちゃ好きだったけど、今回はそれが全てだったな。それもそれでいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ゆい 2021年09月30日

    木原さんの作品レビューには「木原作品らしい」という表現がよく見受けられ、この人の作品をそれなりに読むまでは「なんだそれは」と思っていたのですが、もはや「木原作品」というのがひとつの形容詞なんだな、と腑に落ちました。

    生々しさ、嫌らしさ、醜さ、痛さ、脆さ、重さ、狂気じみたある種の純粋さ、そういうもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月27日

    木原音瀬の作品、という感じ。
    フィクションであるが、リアル。BLはファンタジーという単語があるように、同性同士の恋愛を楽しく描く作品が多い中、木原音瀬作品はいつだって重い。人の目が気になるというのは、多かれ少なかれほとんどの人間が持っている感情で、いつもそれを丁寧に描きだす。だからこそ、それを描き出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    s1i1o1r1i1 2021年04月01日

    「美しいこと」といいなんて切ない結末でしょうか。ちゃんと幸せにしてくれればいいのに…
    もうちょっとで杉本(受け)も三浦(攻め)の事すきだと自覚できたのに…
    先生特々の雰囲気で淡々と描かれていて、三浦がどうしてもいやな杉本の感情も、拒否されても傷つかれても離れられない三浦の感情も共感出来で悲しかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    どっちも嫌な奴…と思いながら最後まで一気に読んだ
    杉本も三浦も嫌な奴、優しくないくせに優しいふりしたり、優しさを求めてるくせに攻撃的で無神経でほんと嫌、読んでる自分のずるさや汚い部分を見せられてるようでほんと嫌
    でも物語の主人公たちがいい奴でなくちゃいけない決まりがあるわけで無し
    最後1ページに書か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    男同士の愛情(執着?)のお話。男同士であろうと男女であろうと、お互いの愛情の大きさは同じっではなく、必ず大小がある。一方がすごく想っているのに、片方はそうでもない場合に悲劇がおこる。愛情というものの切なさを考えさせられた本。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング