「黒澤いづみ」おすすめ作品一覧

「黒澤いづみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 人間に向いてない
    ある日突然自分の子供が人間ではない異形のものに代わってしまう。
    すごく突飛な設定ですが、扱っているテーマは奥が深い親と子の関係性や人間性の承認といったものです。
    最初のうちは、怖いもの見たさという感じで読んでいましたが、途中から自分と子供の関係や他人との関係に思いを馳せながら読んでいました。
    章の終...続きを読む
  • 人間に向いてない
    一気読み。
    自分がこういう立場になったら(家族が突然グロい虫になってしまったら)…と想像しながら読んだ。
    終章はハラハラしたけれど
    救いようのない終わり方じゃなくてよかった。

    『生還者』が出てきたってことは
    周りの家族は簡単に処分できなくなるわけだから
    これまで以上に
    異形者の扱いに悩むことになる...続きを読む
  • 人間に向いてない
    突拍子のない設定だけれど、わりとこういうの好き。
    親とは、子とは、家族とは。
    ありえない設定からすごくシンプルなことを考えさせられる、面白い。
    自身に子どもがいるかどうかで、読む視線は変わりそう。

    ラストの優一の行動に、なんだか救われた気がした。

  • 人間に向いてない
    人間に向いてない、読み終わり。
    突拍子もない設定だけれど一気に読み終えた。子を持つ親が、そして家族に何らかの思いを抱く子が読むと、子供のいないわたしとは違った感想を思いを抱くだろうと思った。作家さんの思いがダイレクトに伝わってくる。家族の難しさ、それでいて人付き合いのシンプルな思い。最後優一のした行...続きを読む
  • 人間に向いてない
    強烈なタイトルと我が子が気味の悪い虫に姿を変えるというあらすじに、どんな悲劇だよと眉をひそめてしまうが、意外なテンポの良さと軽快な台詞回しはどこかユーモラス。異形になった子どもを殺したり死なせてしまったりの苦しみ悲しみを纏う重さを感じつつも、なかなかに面白く、一母親として後半は特に圧倒された。自分の...続きを読む