五十嵐律人の一覧

「五十嵐律人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 法廷遊戯
    法科大学院についても沢山知ることができる本。

    法学部生として細かな法律用語があることでとても読みごたえのある本だった。
  • 法廷遊戯
    難しい法律用語がたくさん使われており、素人の私からしたら途中で挫けそうでした……しかし巧みなストーリー展開や鮮やかな伏線回収、次々と明かされる重い過去に、ページをめくる手が止まりませんでした。
    個人的に興味深かったのは、目には目をで有名な同害報復は寛容の精神から来るものだと馨が主張する場面です。

    ...続きを読む
  • 原因において自由な物語
    作家と弁護士、2つの視点を持つ五十嵐さんならではのミステリー。
    法で裁けない問題にどう向き合うべきか。
    答えなんか出るわけないのに自問してしまうし、ウイルスという表現が言い得て妙。
    謎を解いていく過程が面白すぎるので、正直このまま真相不明でも許せるなと思った。
  • 原因において自由な物語
    小説で伝えられるのは結末じゃなくそこに至る過程への共感、はまさにその通りだなぁ。
    ニュースで結果を見たときに感じたことは、結果に至るまでの過程を知ることになったときに感じたことと同じになるとは限らないんだろうなぁ。全ての過程を知るのは無理なんだけど。
    伝え方は考えないといけないけど過程を知らせること...続きを読む
  • 原因において自由な物語
    市川紡季は作家。大学在学中に推理小説を対象とした新人賞を受賞。その後もコンスタントに作品を発表。想護から弁護士の講演を聞いてみないかと勧められて来た。「法律論から考えるいじめ対策」配られたプリントの表紙には今日の講演テーマが書かれていた。他の出席者は教師のようだ。講師は先ほど話しかけてきた椎崎透、弁...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!