「皆川博子」おすすめ作品一覧

「皆川博子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 少女外道
    レールから外れた何かを抱える少女達の7つの物語。皆川先生が綴った美しい調べのような文章に酔いまくれますね!
  • 開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―
    最初はキャラクターの名前や専門用語が多く入りづらいかもしれないが、斜め読みでさっさと進めてしまうことを勧める。
    ちゃんと読んでも読み進めているうちに何度もページを巻き戻すことになる。いい意味で。
    心理描写が雑なところが賛否両論なところがあるが、それがいい意味で続編に繋がっていると思う。
    主要登場人物...続きを読む
  • 花闇
    幕末から明治にかけての歌舞伎界.三代目澤村田之助の壮絶な演じることへの妄執を三すじの目をとうして物語る.愛憎半ばする気持ちを芳年に訴えるところが哀れでもあり,そこまで拘れる人に出会えたことは幸せでもあるのだろう.美しさとは何かという事をとことん突き詰めた芸,この何かに魅入られた世界,怖いようである.
  • 花闇
    澤村田之助、という名を、寡聞にしてこの作品ではじめて知った。歌舞伎も、日本文化のひとつとしての興味こそあれ、見に行ったことさえまだない。当然、世界として体験することもはじめてで、慣れない雰囲気にしばらくは戸惑った。
    しかし、物語を通して垣間見せてもらった世界には、見るものを引き摺り込む凄みがあり、ま...続きを読む
  • 少女外道
    いつもながら、読む手が止まらなくなる本。
    どんな内容なのか、全然説明できないのに、面白い。
    登場人物に感情移入もできない。
    作家が高齢だからか、戦時中の話が多いが、祖父が帝国陸軍だったため理解できる。
    哀しいけど、仕方がない現実。
    そして、狂ってるのか正気なのか、その境にいるのかわからない、つかみ所...続きを読む

特集