「皆川博子」おすすめ作品一覧

「皆川博子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/26更新

ユーザーレビュー

  • トマト・ゲーム
    単行本版、文庫版を統合した完全版。「華麗なる狂気」という言葉がこれほど似合う短編集はなかなかありません。背徳的でありながら、どうしようもなくうっとりさせられてしまう作品ばかりです。なかなかにえげつない物語が多くって、「美しい」という表現はなんとなくそぐわない気もするのだけれど。受ける印象はやはり美し...続きを読む
  • 開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―
     皆川博子さんは、今までにこれ以外の本を手に取ってはみたものの、なかなか読めずにいたんですが、今回ようやく読めました。
     日本の作品ですが、18世紀のイギリスが舞台なので、海外ミステリを読むような感じですね。

     イギリスの文化や歴史、宗教などが分からないと、読むのが大変かな。
     物理的なトリックや...続きを読む
  • U

    壮大な歴史物語。オスマン帝国時代の少年兵と、第一次世界大戦中のUボート乗組員。一見何のつながりもなさそうに思える二つの物語が、実は綿密につながっていることが徐々にわかってきます。そして手記を書き綴る二人の不思議な視点……まさかとは思ったけれど、そんなことが。
    一緒に強制徴募されたことで出逢った二人の...続きを読む
  • アルモニカ・ディアボリカ
    いやぁ~面白かった!
    第2作は、前作を超えられないと思っていたけど、これはすごい。
    そういう生い立ちだったのか……。
    だとしたら、ほんとに幸せに暮らせていたのは、ダニエル先生の元にいて、エドと一緒にいられた間だけだったのかな。
    切ない。
  • 花闇
    四肢を失いながらも舞台に立ち続けたという、三代目澤村田之介。
    幕末から明治にかけて生きたその俳優の存在を、不勉強ながら初めて知った。
    実在の人物でありながら、その生き様があまりにドラマティック過ぎて、ともすれば描写が陳腐になりがちな題材だと思うが、皆川博子氏の筆さばきにそのような心配は無用で、本当に...続きを読む

特集