アルモニカ・ディアボリカ

アルモニカ・ディアボリカ

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

第12回本格ミステリ大賞受賞、そして本の雑誌増刊《おすすめ文庫王国2014》国内ミステリー部門第1位に輝いた『開かせていただき光栄です』の待望の続篇、ついに刊行! 前作のラストから5年後の1775年英国。愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが失意の日々を送る一方、暇になった弟子のアルたちは盲目の判事の要請で犯罪防止のための新聞を作っていた。ある日、オックスフォード郊外で天使のごとく美しい屍体が発見され、情報を求める広告依頼が舞い込む。屍体の胸には〈ベツレヘムの子よ、よみがえれ! アルモニカ・ディアボリカ〉と謎の暗号が。師匠を元気づけるには解剖が一番!と、アルたちはダニエルと共に現場に旅立つ。それは、彼らを過去へと繋ぐ恐るべき事件の幕開けだった。ユーモアとペーソスに満ちた絢爛な歴史ミステリ、オールスター・キャストで再度開幕!

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
単行本
ページ数
464ページ
電子版発売日
2014年02月28日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

アルモニカ・ディアボリカ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月26日

    『開かせていただき光栄です』から5年後の物語。
    ダニエル先生の解剖室は閉鎖し、エドとナイジェルが去った後、残された弟子たちは、盲目の判事ジョン・フィールディング氏の元で『ヒュー・アンド・クライ』という情報新聞の編集を任されていた。22歳になったネイサン・カレンや、アン・シャーリー・モアとの交流の中、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月17日

    いやぁ~面白かった!
    第2作は、前作を超えられないと思っていたけど、これはすごい。
    そういう生い立ちだったのか……。
    だとしたら、ほんとに幸せに暮らせていたのは、ダニエル先生の元にいて、エドと一緒にいられた間だけだったのかな。
    切ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月10日

    『開かせていただき光栄です』から5年経過後の続編。
    あの事件後解剖教室は解散、エド、ナイジェルは行方不明のまま。
    みんなの状況も少しずつ変わっている。

    何とも切ない展開だった…
    事件は一応の決着を見たけれど、失ったものは大きいし取り戻すことも出来ない。
    願わくはダニエル先生の下、無事に戻ったエドと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月28日

    『開かせていただき光栄です』の続編なら
    読まずにはおれない。

    「ベツレヘムの子よ、よみがえれ! アルモニカ・ディアボリカ」と謎の文句
    前作同様に序盤から引き込まれました。

    終盤の謎解きがちょっとバタバタあわせにいったみたいに
    感じたので残念、でも読み応え十分。
    前作と合わせて★★★★★五つ星、楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月24日

    切なかった…

    『開かせていただき光栄です』の続編。
    前作でダニエル・バートンの元を去ったエドとナイジェルの顛末書。

    ナイジェルの悲しい過去は途中読み進めるのが辛かった。
    サー・ジョンが法と心の正義の狭間で苦しむのがおいたわしい。

    登場人物が多くの意味で誰かに献身してるからか、身を切るように切な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    最後の二行のためにある長編小説。
    最後の二行だけで、ミステリーが切ない愛の物語になる。

    皆川先生天才か。

    人物の多さに覚えるのが大変でしたが、「それより読み進めたい」と思わせる謎に次ぐ謎。
    しょっぱなは「ラピュタ」を思わせるファンタジー性に満ち溢れ、けれど陰惨な事件、衝撃の事実になだれ込む怒涛の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月08日

    好評だった「開かせていただき光栄です」の続編。
    18世紀後半の英国での事件をムードたっぷりに描きつくします。

    あれから5年。
    連続殺人事件の後、解剖医ダニエルのもとを二人の愛弟子エドとナイジェルが去った。
    解剖学教室はほぼ閉鎖され、暇になった弟子たちアル、ベン、クラレンスは、盲目の治安判事ジョン・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    『開かせていただき光栄です』続編。
    これは必ず前作から読んだ方が良いです!

    読み終わってしまうのが寂しくなる小
    小説は久しぶりでした。伏線が回収されていく様は見事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月14日

    「開かせていただき光栄です」の正統なる続編。前書を読んでない場合は、本書を読むのを禁ズル。というほどに前作から物語が引き継がれている。意味深なタイトルと不気味に美しい表紙をそのままに、5年後の世界が描かれている。ジャンルはミステリーだが、楽しむべき方向性は謎解きよりも、格式高く幻想深い文章と、登場人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    「開かせていただき光栄です」の続編。
    前作よりずっとずっと素晴らしい!ミステリーとしても最高。最後にいくにつれてすべてがつながって納得。悪魔の楽器「アルモニカ」が出てくるってのもいい。すごく惹かれた。これが18世紀のロンドンの退廃した世界とは真逆の天使のような音色なんだよね。天使のような音色だから悪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています