「歌野晶午」おすすめ作品一覧

「歌野晶午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/12/05更新

ユーザーレビュー

  • ずっとあなたが好きでした
    「すごい仕掛けがある」という事前情報から手に取った作品。
    『葉桜の季節に君を想うということ』を読んだことがあったので、期待しながらの読書。

    最初の話を読んだら、思いのほか短く、どんでん返しの後に綺麗に終わった。
    次の話を読むと、主人公の年齢も名前も違うし、話もつながっていない。
    「あれ、恋愛に絡ん...続きを読む
  • 葉桜の季節に君を想うということ
    やられたー。

    小さな違和感がいくつもあったのに。
    特に掃除扶の件では違和感ありまくりだったのに。

    謎が解き明かされた時、
    今まで読んできた
    (ハードボイルド系の)ミステリー小説さえも
    この小説を読むための伏線だったんじゃないかと
    「やられた」感が半端なかった。

    事件は陰惨極まり...続きを読む
  • 死体を買う男
     乱歩風味の探偵小説『白骨鬼』と、細見辰時という小説家がその生原稿を手に入れるまでの経過を小説風にまとめた内容が、交互に描かれる形式。
     『白骨鬼』はおもしろかったけど、乱歩の雰囲気があるのかないのかは、よく分かんなかった。
     でも、最後の最後まで引っ繰り返されて、おもしろかったな。
  • ずっとあなたが好きでした
    短編集と知らずに買って(短編集苦手)ちょっと失敗したかなと思いつつ、最後はさすが歌野晶午。なにが"ずっと"だよw
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    「新本格ミステリ・ムーヴメント」が始まった当時生きて、勢いを感じながらこれらの作家たちの作品を読みたかったと思いました。けれど、今こうして新本格30周年記念の時代に生きて、アンソロジーを読めるのも、幸せなことでした。

    『水曜日と金曜日が嫌い ー大鏡家殺人事件ー』
    語り手美袋が迷いこんだ大鏡博士の邸...続きを読む

特集