「歌野晶午」おすすめ作品一覧

「歌野晶午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 死体を買う男
    時代設定的に若干の読み難さはあったけど、それ以上にグイグイと引きずり込まれる展開。
    すごく久しぶりに★5の本に出会った。
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    新本格30周年記念のアンソロジー。このあたりの世代の作家さんにどっぷりはまった身としては、これもう珠玉の一冊です。全部書下ろしで、どれもこれもが読みごたえのあって楽しいこと!
    お気に入りはやっぱり綾辻行人「仮題・ぬえの密室」。これは厳密にはミステリというのもちょっと違うかもしれません。でもミステリに...続きを読む
  • 7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー
    「船長が死んだ夜」が有栖川先生の作品。言葉を聞くことは大切なこと。とだけ。野上巡査部長がいい人でした。
    「仮題・ぬえの密室」綾辻先生の作品。これは学生時代の想い出?ラスト7ページは有栖川先生のファンは嬉しいのかな?せつないのかな?
    しおりガチャはやめてぇ~。正直に申しあげますと、有栖川先生のしおりが...続きを読む
  • 葉桜の季節に君を想うということ
    えっ、そうなの?!
    となる展開。面白かった。
    道尾秀介『片眼の猿』と似たような面白さ。

    話がいろいろ飛ぶなぁ、と思うこともあったが、しっかり繋がっている。読者をミスリードさせる文章は見事。

    主人公の将虎が、あんな状態だと分かると、本の冒頭のことも理解できる。昔の探偵見習い時代にヤクザに入った話、...続きを読む
  • 死体を買う男
    面白かった。
    歌野晶午は「葉桜の季節に君を想うということ」しか読んだことがなく、そしてそれはあまり私の琴線には触れなかったのだが、本作はかなり刺さった。
    「どんでん返し」の強さはさほどでもないけど、面白い。
    タイトルの意味は自分なりに解釈したものの…「ああああ!!!」みたいな衝撃が欲しかったなという...続きを読む

特集