「歌野晶午」おすすめ作品一覧

「歌野晶午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/11/26更新

ユーザーレビュー

  • 春から夏、やがて冬
    歌野晶午著「春から夏、やがて冬」

    この作品はミステリーであるが、ミステリーの形をとった人間ドラマであることの比率の方がより大きいと感じた。
    「桜庭の季節に君を想うということ」でも著者には「やられた!」と思ったが今回はやられた以上にミステリーの答えが人間の思い、愛、生き様に思いを馳せ感慨深いのでした...続きを読む
  • 葉桜の季節に君を想うということ
    私が心配することではないけど、映像化は絶対無理だろうな。
    映像にしたら一瞬でネタバレというか、この小説のオモシロさの9割を味わうことなく、いや気付くことなく視終えてしまう。
    そして視終わって『登場人物の殆どが●●なのは別として、まぁ普通のサスペンスね。』と思うだろう。
    そう、普通のサスペンスなんです...続きを読む
  • 密室殺人ゲーム王手飛車取り
    まず設定が斬新でありつつも今の世の中こういうこともありそうな妙なリアル感。。
    トリックなどはできるのかなぁとおもったものからぞっとするものなど本当におもしろかった。
    最後が、、、これでいいの?とおもったけど。。
    終盤にかけてはほんとに読む手がとまらず、面白かったです!
  • 葉桜の季節に君を想うということ
    発表時話題になっていたけど手に取る機会がなく、やっと読めた。「ミステリ」ということ以外全く予備知識がなかったんで、タイトルからなぜか高校生のミステリで桜の木の下にでも死体が埋まっているのかしらと思っていた。読み始めて「シティハンター」の冴羽獠と海坊主を足して2で割ったようなキャラクターだなぁ、と思っ...続きを読む
  • 葉桜の季節に君を想うということ
    もうやられましたよ!!え。。と時間止まったよ。そうきたかぁみたいな。正直こやつとこやつは、、、というのは見抜けたけどそんな大掛かりな騙しは見抜けなかった。中居正広さんが好きとかファンが多いいのでも有名な作品だが、確かに素晴らしい作品。

特集