島田荘司の一覧

「島田荘司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:島田荘司(シマダソウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年10月12日
  • 出身地:日本 / 広島県
  • 職業:作家

1948年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。 1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃のデビュー。以後、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』などの「御手洗潔」シリーズ、『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』『奇想、天を動かす』などの「吉敷竹史」シリーズを中心に、人気作品を多数生み出し、本格ミステリーの旗手として不動の地位を築きます。 2008年、第12回日本ミステリー文学大賞を受賞。 また綾辻行人さんを嚆矢とする新本格ミステリーの黎明期に、その擁護者として多くの作家のデビューに尽力。現在は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」、台湾で「島田荘司推理小説賞」を主宰。新人発掘に力を注ぐ姿勢は変わりません。 「ゴッド・オブ・ミステリー」として敬われ、現代日本の本格ミステリー界に君臨する巨匠です。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/27更新

ユーザーレビュー

  • アルカトラズ幻想(下)
    上巻で、これからどうなっちゃうんだ〜と思った結果、下巻はミステリーから脱獄サスペンスになり、ファンタジーになり、エピローグで突如全てがまとまった!
    歴史ある劇場で、正統派クラシックを聴こうとかしこまっていたら、はちゃめちゃで楽しいラプソディーが始まり、最後には天井も壁も飛んで行っちゃった!というよう...続きを読む
  • アルカトラズ幻想(上)
    不思議に魅惑的なタイトルや装丁に負けない、まさに奇想天外なミステリー。なんと途中に「重力論文」が差し込まれる。
    凄惨な猟奇殺人の動機に恐竜の謎が絡んでいることが分かり、多分犯人も分かり、既に満足の内容なのに、まだ上巻とは!下巻はいったいどうなっちゃうんだ〜。
    なんとなくワシントンの空気を感じる(行っ...続きを読む
  • 改訂完全版 異邦の騎士
    皆さんが書いているとおり、先に占星術殺人事件と斜め屋敷の犯罪を読んでいて良かったと、心底思えました。
    私には、十角館の殺人の“あの一行“に匹敵する衝撃でした。これ以上は何を書いてもネタバレになりそうです。
    これからお読みになる方、是非順番通りに読んで下さい。不用意にレビュー読むのも危険です。

    久し...続きを読む
  • 改訂完全版 暗闇坂の人喰いの木
    西洋館の屋根に跨がった死体が発見される。その前には昔少女を飲み込んだという伝説を持つ大楠があった。
    現在と過去、日本とスコットランドの謎を御手洗が解く!
    久しぶりの御手洗シリーズ。ものすごく雰囲気があるホラー?ミステリー。いやもう、最高でした。→

    御手洗は変わらずかっこいいし(一本筋が通った感じ、...続きを読む
  • 御手洗潔のダンス
    奇想天外!

    謎解きは、可能性が全く0でなければ、「あり得る!」と僕には面白く読めてしまう。

    現実界でそれが本当に実現可能か?

    そこまで僕には分からない。

    読んで、「おおっ!」と思えるかどうか、それが総て。

    【謎の概要】
    ①山高帽のイカロス
    地上数十メートルの電線の間で飛ぶような格好で死んで...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!