「島田荘司」おすすめ作品一覧

「島田荘司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

名探偵・御手洗潔シリーズ『傘を折る女』ドラマ化!

「名探偵・御手洗潔」シリーズ こちらもおすすめ!

島田荘司先生からコメントをいただきました!

無料配信中!

プロフィール

  • 作者名:島田荘司(シマダソウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年10月12日
  • 出身地:日本 / 広島県
  • 職業:作家

1948年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。 1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃のデビュー。以後、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』などの「御手洗潔」シリーズ、『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』『奇想、天を動かす』などの「吉敷竹史」シリーズを中心に、人気作品を多数生み出し、本格ミステリーの旗手として不動の地位を築きます。 2008年、第12回日本ミステリー文学大賞を受賞。 また綾辻行人さんを嚆矢とする新本格ミステリーの黎明期に、その擁護者として多くの作家のデビューに尽力。現在は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」、台湾で「島田荘司推理小説賞」を主宰。新人発掘に力を注ぐ姿勢は変わりません。 「ゴッド・オブ・ミステリー」として敬われ、現代日本の本格ミステリー界に君臨する巨匠です。

作品一覧

2018/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 占星術殺人事件 改訂完全版

    名作の宿命

    なぜ今まで読んでいなかったのだろう。ミステリー好きなら一刻も早く読むべきである。私は残念なことに,大まかなトリックは,この作品のオマージュともいえる作品から気づいてしまった。当然,犯人も。しかしながら,矛盾や疑問は多く,一つ一つのピースが繋がらない。先を知りたくて一気に読んでしまった。読了後,大きな...続きを読む
  • 屋上
    島田荘司らしい大風呂敷広げて、閉じる話。こういうの読みたかったの。
    自殺した悲運の盆栽作者。
    自殺した悲運の女優。
    幸せの絶頂にいるような絶対自殺しないような銀行員が、その屋上にあがると自ら墜落していく。
    ブラック企業に就職し、辞め、ニートとなり、つい痴漢をしてしまい、追われと、転落人生の若者。
    ...続きを読む
  • 透明人間の納屋
    面白かった!
    母子家庭で怒ってばかりの夜の仕事をする母親を持つ「僕」と隣の印刷会社の「真鍋さん」に、宇宙の話などいろいろなことを教えてもらい、真鍋さんは僕のすべてだった。
    真鍋さん所有の謎の機械は、透明人間を作る薬製造機だと知った僕は・・・
    最初、SFの話かと思ったが、最後は全然違った。
    僕の一言で...続きを読む
  • 改訂完全版 異邦の騎士
    徹夜して一気読み。いわゆる本格派推理小説を期待して読むとちょっと裏切られたような気分になりますが、それを差し引いても面白かったです。ミステリ小説というより感動系小説の色が強かった。殺人は間接的にしか起きないし、その殺人の犯人を探すというわけでもなかったので。
    途中でうすうす勘付いてはいましたが、石岡...続きを読む
  • 占星術殺人事件 改訂完全版
    至極単純な、無理のない、極めてロジカルなトリック。素晴らしい。この本を読んだ衝撃はもう一生忘れることはないだろう。手記の記述が細かく、なかなか興味深く読んでいたせいで、簡単な"謎解き"ができなかったのが悔しい。御手洗のキャラクターもとても面白い(石岡は好きになれないが)。敬遠していた斜め屋敷も近いう...続きを読む

特集