「島田荘司」おすすめ作品一覧

大人気本格推理小説「名探偵・御手洗潔」シリーズなど。島田荘司先生ご本人のメッセージとともにご紹介します!

名探偵・御手洗潔シリーズ『傘を折る女』ドラマ化!

「名探偵・御手洗潔」シリーズ こちらもおすすめ!

島田荘司先生からコメントをいただきました!

無料配信中!

プロフィール

  • 作者名:島田荘司(シマダソウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年10月12日
  • 出身地:日本 / 広島県
  • 職業:作家

1948年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。 1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃のデビュー。以後、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』などの「御手洗潔」シリーズ、『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』『奇想、天を動かす』などの「吉敷竹史」シリーズを中心に、人気作品を多数生み出し、本格ミステリーの旗手として不動の地位を築きます。 2008年、第12回日本ミステリー文学大賞を受賞。 また綾辻行人さんを嚆矢とする新本格ミステリーの黎明期に、その擁護者として多くの作家のデビューに尽力。現在は「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」、台湾で「島田荘司推理小説賞」を主宰。新人発掘に力を注ぐ姿勢は変わりません。 「ゴッド・オブ・ミステリー」として敬われ、現代日本の本格ミステリー界に君臨する巨匠です。

作品一覧

2016/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 改訂完全版 斜め屋敷の犯罪

    わたしにしては、結構丁寧に読み込んだ方だと思う。部屋がたくさんあるから、見取り図を見ながら、ひとつひとつ確かめながら読み進めていった。斜め屋敷の構造も、個性的な登場人物たちも、とてもおもしろかった。ちょっとだけ斜め屋敷に行ってみたくなった。

    Posted by ブクログ

  • 改訂完全版 異邦の騎士

    今まで読んだ(と言っても3作ですが)御手洗シリーズとは印象が違いました。ミステリーの仕掛けは確かに大掛かりなのですが恋と友情がメイン。それでもまさかまさかと思いながら最後にうわぁん!ってなりましたこれは傑作です。

    Posted by ブクログ

  • 写楽 閉じた国の幻

    写楽とはだれか?

    その人物がその年の江戸に来ているのか
    その確証もないまま執筆を開始したという作者のあとがきを読む限り、
    ほんとうにその勘と執念だけで掴み取ったんだなぁ、と深い感動に包まれます。

    以前いちど挫折してるから
    読んだタイミングが良かったのかもしれない。

    主人公の佐藤同様に
    私も相当...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集