島田荘司のミステリー教室

島田荘司のミステリー教室

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

小説を読んで、自分も書いてみたくなったけど…、「プロットはどのように書けばよいか?」「トリックをどう考えればよいか?」といった疑問に数多くの名作を書き、また多くの若手作家のデビューを後押ししてきた本格ミステリー界の巨匠・島田荘司が答える。
また、書くだけでなく、探偵小説・本格ミステリーの発生から変遷について語り、読者にとっても本格ミステリーをより楽しむための知識を与える。

ジャンル
出版社
南雲堂
掲載誌・レーベル
SSKノベルス
電子版発売日
2016年06月29日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2007年03月17日

 相変わらずの島田節を見せてくれる一冊。
 本格から新本格へと移行していったミステリ界の流れを、新本格という概念そのものの旗手であった島田氏が説明してくれている。
 原稿用紙の書き方から、トリックの作り方まで、ミステリ作家を志す人向けのHowtoもあるが、個人的に面白かったのは後半部分の「島田荘司が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月06日

技術的な観点から、新人は未熟だからこれはまだ避けるべきというのは望ましくないというスタンスなので作家の腕で片づける場合がちらほら。
まあ完全に決めてしまったら創作にならないのでしょうがない。
タイムテーブル(事件の日時)は必須というのは参考になった。
アイデアはアンテナ立ててかき集める。捨てるアイデ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月21日

こんな初歩の初歩の質問に。
島田センセイどんだけ丁寧で優しいんだ。
本格ミステリ宣言の口語版でもあり、その部分はよい。
・ホームズの魅力→フィリップ・マーロウへ。
・文章と都市構造の近似。
・本格に必要なのは推理の論理。
・日本人論もパズルの延長。
・乱歩の江戸趣味。
・ミステリのうち、ここではない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月26日

島田荘司氏が教えるミステリーの書き方講座。
質問会と公演会との内容を収録。

質問の形でいろいろなことがわかっていくというのはわかりやすかったです。

これを読んで本格ミステリーを書けるようになっている自分、ただ実際に書いてみないと本当に書けるかどうかはわかりません。

なんとなく書いてみたいなと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play