新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―(新潮文庫)

新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大銀行の地下金庫から、トンネルを掘って金貨を盗み出そうとした「赤毛組合」事件。ホームズの名推理で一件落着に見えたのだが、裏にはどんでん返しの計画が潜んでいた! 事件後、薬物を乱用するホームズは頼りにならず、途方に暮れるワトソンには大事件が降りかかる。堅牢な刑務所から囚人はなぜ消えたのか、「新しい十五匹のネズミのフライ」の謎とは。巨匠が贈るパスティーシュの傑作。(解説・日暮雅通)

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年06月05日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月03日

    児童向け作品では曖昧にされることもあるが、ホームズは阿片吸引者であった。前々から阿片吸引者が名探偵となること疑問を抱いていた。島田荘司『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(新潮文庫、2020年)の紹介文には「薬物を乱用するホームズは頼りにならず」とある。これが依存性薬物使用者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています