我孫子武丸のレビュー一覧

  • 凜(りん)の弦音(つるね)
    タイトルが好きですね。
    最初の殺人事件は要らない気がします。
    弓道の話だけで自分は充分だと思うけどね。
  • 修羅の家
    胸がひたすら嫌な感じに。これが狙いなら流石。人物を錯誤させるのはなる程、となるが、最後が意外にアッサリ憑き物が落ちてしまうので物足りなさも。しかし、一気に読んでしまう密室感は凄い。
  • 弥勒の掌
    この前読んでた本と比べてめっちゃスラスラ読める〜!でも、それだけ起伏がないって事かもしれん…
    どんでん返しってのは知ってたけど、「アレッ!アレッ!」っていう感じでスムーズに。
    追う側(刑事さんと教師)も、追われる側(怪しい新興宗教)も過去に何かある。これではね〜そうなるわな〜後で考えると…
    他所の宗...続きを読む
  • 7人の名探偵
    千差万別。『船長が死んだ夜』『あべこべの遺書』は従来っぽい。『仮題・ぬえの密室』はミステリと呼べるのかな。
  • 新装版 8の殺人
    トリックに使われたものに関しては、8の字屋敷の見取り図を見た時点で、大方予想がついてしまった。しかし、実際に種明かしされた内容は、自分が思ってたのとは違った。よって、犯人も違った。全部わかるとつまらないため、違って良かった。

    正直、最後の種明かしに時間がかかるあたりは、あまり好きではなかった。しか...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病
    グロテスクが無理な人は読まない方がいい
    ミステリーというよりは、エログロサイコホラー

    犯人の行動と心理、理解はできるが共感はできなかった。

    ラストの章を読み終わってから、どうしてももう一度読むしかなくなる本。

    ただ、意図的なミスリード感が否めない描写もあり、人によっては好き嫌い分かれる作品かな...続きを読む
  • 眠り姫とバンパイア
    安心して読めた。
    UNNATURALな展開へ行くかと思ったら、地に足ついた着地点でなるほど。
    眠り姫も、母君もはご病気でしたのね。
  • 狩人は都を駆ける
    「狩人は都を駆ける」
    行方不明になったペットを捜索する探偵というのは、ハードボイルド小説をパスティーシュしたミステリによく登場しますね。
    たとえば荻原浩さんの「ハードボイルド・エッグ」や「サニーサイド・エッグ」、米澤保信さんの「犬はどこだ」など。
    この小説の主人公もまたペット探偵で……ちょっと食傷気...続きを読む
  • 裁く眼
    ”殺戮にいたる病”を読み、この作者が気になってしまったので読んでみた。

    なかなか馴染みのない法廷画家という仕事を通じて、事件が展開していくことになる。
    ふとしたきっかけで法廷画家という仕事を始めた主人公。初めての仕事の帰りに、何者かに襲われてしまう。
    見えない犯人、わからない動機を抱えて、登場人物...続きを読む
  • 7人の名探偵
    我孫子さんと綾辻さんのが好き。
    本格ミステリかと言われると違うかもしれないが
    グイグイ読めた。

    麻耶さん、気になっていたので
    どんな作風か知れて良かった。
  • 警視庁特捜班ドットジェイピー
    3-

    悪くはないが、奇人へん…個性的なキャラの集まりで非現実的設定の割には、こじんまりとしたお話で、盛り上がりには欠ける。
  • 裁く眼
    法廷画家から見た事件・裁判を描くという設定が斬新で面白い

    キャラクターも 愛すべき人達で好感が持てる
    特に姪っこの蘭花ちゃんは おてんばだけど 愛と優しさに溢れていて とてもかわいい

    絶世の美女で 稀代の悪女とされている被告人が あまり印象的ではなく 読んでいるこちらまで振り回されるような悪女っ...続きを読む
  • 弥勒の掌
    衝撃としてはやや薄めでした。
    うぇえぇえ!?と言うよりはあらまぁ(´•ω•`)といった感覚です。
    恐らく男性が主な登場人物なので感情移入すべき対象が見当たらなかったのだと思います。他の作品では主人公が男の人だろうが関係なくのめり込めるものはのめり込めるものですが、
    嫌悪感が優先してしまいましたかね(...続きを読む
  • 弥勒の掌
    謎の新興宗教『救いの御手』

    妻が失踪した?高校教師の辻

    汚職の疑惑のある刑事、蛯原は妻が何者かに殺された!?


    最初のヒントはこれだけ!

    帯から読み取れるのはドンデン返し!
    という事は『全てを疑い、可能性の全てを考えなければならない!?』

    辻の行動、蛯原の疑惑の正体、そして弥勒の本性・・・...続きを読む
  • 人形はライブハウスで推理する
    主人公妹尾睦月の恋人朝永嘉夫は腹話術師で、その腹話術の人形がいろいろな事件を推理する。朝永はちょっと頼りない感じだが、人形の毬小路毬夫は結構ふてぶてしい感じだ。そのギャップが面白い。なんだか人形が人格を持っているような気にさせる。事件のトリック自体は、無理やり感もないではない。最後の主人公の昔の友達...続きを読む
  • 監禁探偵
    表紙だけ見ると趣味を疑われてしまうような、ちょっと借りにくい買いにくい本だが、中身は違っていてなかなか面白かった。

    とは言え、タイトルと物語の設定とは微妙に違う。
    『監禁探偵』というものの、第一話では監禁されに行く探偵? って感じだし、第二話では轢き逃げ事故で記憶喪失してしまった探偵という感じ。
    ...続きを読む
  • 眠り姫とバンパイア
    ミステリーランドの一冊、子供向けとのことで優しいお話。

    大人と子供の2視点から、というより主観と客観の目線から、バンパイアに対する最適解を生み出すのはなかなか難儀だったのではと感じさせる一冊でした。
    それでも優しい文体と暖かな帰結は、素晴らしいと思います。
  • 修羅の家
    中年女が人の弱みにつけ込み、虐待によるマインドコントロールで奴隷のように扱うストーリーで北九州監禁殺人事件や尼崎事件を彷彿とさせます。冒頭の過激な文章にギョッとし、その後は「家族」の異常さに終始釘付けでしたが、大仕掛けの切れ味はイマイチで『殺戮にいたる病』には及ばない印象です。
  • 監禁探偵
    ツインテールでロリータ服を着た可愛い女の子アカネが事件を解決していく話です。
    毎回誘拐、監禁され、事件に巻き込まれるのですが、安楽椅子探偵の如く持ち前の頭の良さで推理し犯人に罠をかけます。
    どんでん返し要素もあり、アカネの素性にも謎な魅力があり、面白かったです。
  • 眠り姫とバンパイア
    休日を利用して我孫子作品を続けて2冊読んじゃいました。

    先に読んだ狼と兎のゲームで智樹と心澄望という小学5年生が主人公の作品を読み、あまりにも面白かった為、著者が同じ小学5年生を主人公にした本作もそのままの勢いで一気に読んでしまいました。

    本作の主人公は小学5年生の相原優希ちゃん。

    彼女は母親...続きを読む