我孫子武丸のレビュー一覧

  • 探偵映画
    映画完成を目前にして監督が失踪。残されたスタッフたちは? ちょっとした推理合戦の趣はなかなか面白かったけれど、壮大なカットバックというのは正直あまりそそられなかったです。
  • 人形は眠れない
    人形探偵シリーズ三作目。女性視点のほのぼのとした語り口で日常が綴られてゆくせいか、サスペンスはなく、どちらかというと恋愛小説のような趣の本シリーズですが、三作目はこの色合いが強いような気がします。
    「放火魔」、「予告状」、「密室」等々といったタイトルを持つ章で構成されているもののあくまで本筋は恋愛も...続きを読む
  • メビウスの殺人
    被害者の共通点(ミッシング・リンク)と現場に残された数字のメモの意味を推理する物語です。ミッシング・リンクの内容にちょっと脱力してしまいましたが、二転三転する展開はなかなか面白かったです。
    速水三兄妹はなかなか面白いキャラクターなので続編を期待したいです。
  • 新装版 8の殺人
    個人的に好きな作品です。かなりアラの目立つ作品ですが、大胆なトリック、意外な真犯人と魅力的な登場人物、そしてサプライズ。ある程度の評価は得られる作品だと思います。
    文章が軽くて読み易く、ユーモアもあって面白いです。ミステリ初心者に読んで欲しい一冊です。
  • 新装版 8の殺人
    通称『8の字屋敷』と呼ばれる屋敷で、不可思議な事件が起こる。

    その謎に、速水警部補と推理マニアの弟、妹の3人が挑む話。

    序盤は『8の字屋敷』の説明があったり、部屋の位置関係を図付きで説明していたりと正直ちょっと面倒。

    中盤からラストにかけてスピード感があってなかなか良かったけど、ある程度ミステ...続きを読む
  • 探偵映画
    新作の撮影中に失踪した映画監督。

    結末を知るのは監督のみという状況での失踪に、残されたスタッフと出演者はパニックになってしまう!

    監督探しをしたりみんなであれこれ会議をするのだが、結局撮影済みのシーンから映画の犯人を推理する事に。

    何故監督は失踪しなければいけなかったのか?その理由と映画の意外...続きを読む
  • 弥勒の掌
    愛する妻を殺された蛯原と、妻が失踪し行方を探す辻。

    二人はふとした事で出会い、お互いに怪しいと思っていた宗教団体について捜査を始める。

    徐々に見えてくる事件の真相……と思わせてからの驚愕のラスト。

    いやぁ…ずるい!

    てか、終わり方はアレでいいんですか?(苦笑)

    展開が早いのであっという間に...続きを読む
  • メビウスの殺人
    歌野作品で描かれたような殺人ゲームが展開される。
    この時代には殺人ゲームが沢山描かれたのかもしれない。その中の一つであるとしたらやはりオリジナリティーとしては弱くなってしまう。
    ストーリーはゆっくりと展開していき驚きはない。それでもキャラクターの強さや読みやすさがあり苦しむことなくラストまでたどり着...続きを読む
  • 新装版 8の殺人
    トリックは非常に斬新。登場人物の会話やストーリーの運びも軽快で読みやすかった。
    ただ、読みやすい分、人物の描写があっさりとしていた。
  • 狩人は都を駆ける
    「狩人は都を駆ける」
    京都で探偵事務所を営む私のもとに久々にやってきた仕事の依頼は、なんと誘拐事件の解決。もっとも誘拐されたのは家で飼われていたドーベルマンで、つまりは犬の捜索が仕事なのだった。私は犬も猫も苦手だ!


    著者は我孫子武丸。京都大学在籍時、推理小説研究会に所属していた彼は、「8の殺人」...続きを読む
  • 新装版 8の殺人
    推理小説としても非常に良く、また陰険な気持ちにさせない書き方


    デビュー作でここまで書けるとは凄い
  • 新装版 8の殺人
    殺戮に至る病を読んだあとだったので、内容の明るさ?語り口の軽快さ?に驚きました。
    ミステリーの知識を織り交ぜながらの兄弟の推理や、兄弟間の会話は面白いですが、ときどき滑ってる感じがします(汗)。
  • ディプロトドンティア・マクロプス
    3
    読み始めた時には思いもよらぬ超展開。読み終わって何故か、そういえば少し前にもし昆虫や小動物を人間と同じ大きさにしたら何が最強かシミュレーションで戦わせてみようというDVDが流行ってたなぁ、ということを思い出した。
  • 狩人は都を駆ける
    短編集
    主人公の探偵のもとに ペット絡みの依頼(事件)ばかりやってくる話
    コミカルな感じで ハードボイルド調なのでサクっと読めますね

    ペット好きな方にはいいかも^^
  • 探偵映画
    完成間近で失踪してしまった映画監督。
    犯人が告げられぬまま進められた撮影現場は騒然。
    どうにかして台本から手がかりを探し、スタッフ達は映画を完成させようとするが……
    推理小説ではありますが殺人はおこりませんので安心して読める作品です。
  • 狩人は都を駆ける
    動物嫌いなのにケモノ絡みの依頼ばかり次々と舞い込む探偵の物語。
    先日、荻原浩氏のペット探偵ものを読んだばかりだが、私の好みはこちらのほう。
    昨今のペット事情や問題点もさり気なく指摘して、ラストも何となく物悲しい。
  • 警視庁特捜班ドットジェイピー
    相次ぐ不祥事からイメージアップを図るため、クセのある警官を集めて「戦隊」を結成。このお話はそんな彼らの活躍を描いたものです。

    まあ、娯楽小説ですね。ドタバタコメディーというとイメージが湧きやすいかな。裏表紙に書いてある紹介文から察することはできると思うけども。

    とはいえ、ちょっと拍子抜けではあり...続きを読む
  • メビウスの殺人
    速水三兄妹シリーズ第3弾:
    金槌と絞殺。交互に続く連続殺人と、現場に残された
    奇妙な数字のメモ。
    事件を繋ぐミッシング・リンク(失われた環)とは?
    捜査を外された恭三。殺人の法則に気付いた慎二に
    犯人がたどり着いてしまう。
    ハラハラドキドキの展開だったのに、最後にそうきたかって感じ。
    でも20年前の...続きを読む
  • 人形はライブハウスで推理する
    久しぶりにこのシリーズに手を出した。
    巻末のいっこく堂との対談が面白い。

    そういえばこのカバー絵が苦手なんだよね。
    キャラクタのイメージが掴めない。
  • 人形はライブハウスで推理する
    人形探偵シリーズ最終巻。
    今回は原点に戻って?連作短編集です。
    ミステリそっちのけで、二人の関係の方に
    スポットが当たりがちだが、軽めだけどミステリはある。
    ピュアな二人の幸せは続くんだろうなぁ~と思わせてくれて
    終わらせ方も実に爽やか♪いやぁ~楽しいシリーズでした。
    今年は腹話術師「いっこ...続きを読む