「牧野修」おすすめ作品一覧

【牧野修】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/18更新

ユーザーレビュー

  • 月世界小説
    全然知らない作家の作品で、なんの前知識もなく読みましたが、面白かった。

    2014年、突然世界に終末がおとずれる。
    絶体絶命に追い込まれた菱屋修介は、いつも現実逃避をするように月世界へ逃避した。

    そこから始まる妄想を軸としたパラレルワールド。

    1975年のニホン。
    学生運動盛んなその世界で、学生...続きを読む
  • 月世界小説
    ゲイの青年・菱屋修介は、片思いしている石塚啓太からLGBTパレードを見に誘われ、期待と共に出かけたその場で、アポカリプティック・サウンドと共に舞い降りた天使たちによる黙示録の光景に巻き込まれ、啓太が惨殺されるのを目撃する。子供の頃から妄想癖のある菱屋は、堪え難い光景を前に妄想の月世界へと逃げ込む。
    ...続きを読む
  • グイン・サーガ外伝23 星降る草原
    栗本薫さんが亡くなってから、
    絶対に他の人の書いたグインは読まない!と思っていました。

    でもあれから7年…
    栗本さんの遺志を継いでいる方達を見て、
    もう一度だけグインワールドに触れたくなって。

    第一話は微かな違和感があったのですが、
    ページが進むにつれてどんどん引き込まれました。

    大好きなキャ...続きを読む
  • MOUSE マウス
    これは面白い!SFって科学技術の先端を想像力で伸ばしていくものって今のところ定義しているんだけど、これは化学の先端を伸ばしている感じ。伸ばすための補助線として使われてる自己とか主観/客観なんかの蘊蓄も良い感じ。伸ばした先が魔術的な世界ってのはSFとしては好き嫌い分かれちゃうかも?
    外界から隔離された...続きを読む
  • 月世界小説
     月というのは夜空を見上げるとそこにある黄色い円盤、そしてアポロが画像を送ってきたあの荒涼とした衛星。しかし、それとは別に実は月世界というものはあって、うさぎが住んでいたり、かぐや姫がそこに帰ったり、大砲クラブがズドンと行ったり、ブロウチェク氏が気づいたら到達していた世界なのである。月はその周期性に...続きを読む

特集