我孫子武丸のレビュー一覧

  • 新装版 8の殺人
    主人公の刑事役がどうも好きになれなかったかな。
    慎二やいちお、木下刑事は好きになれたんですけどね。
    結構昔のミステリーとか推理小説読んでる人なら、
    慎二といちおの会話が繋がってより面白いのかも。
    犯人には特段驚く事もなかったです。
  • 人形はライブハウスで推理する
    人形探偵シリーズ第三弾。


    ヒロイン・睦月ちゃんに言い寄る好青年。

    二人の仲はどうなるの?!


    連続放火事件の待ち起こる中、ヒロインの切ない乙女心がリンクする一夏のストーリー。
  • メビウスの殺人
    速水警部補シリーズ第3弾。
    本作は東京に不思議な連続殺人が発生。
    金槌による殴殺と絞殺が交互し,
    現場には謎の数字を記したメモが残される。
    被害者を結ぶミッシング・リンクとは…。
    冒頭の人物紹介に殺人犯の名前は明らかにされているが,
    ミッシング・リンクとともに事件の真相が明らかになる。 ...続きを読む
  • 人形は眠れない
    再読。これはもう、ミステリというよりは恋愛小説でしょう。最も心に残ったところがそうなので(笑)いや、だとしたら相当恥ずかしい描写なのですが…
    もちろんなぞ解きはおまけではないのでしっかりしている…はず
  • ディプロトドンティア・マクロプス
    ストーリーは特筆すべき点はないんですが、そこかしこに散在する笑いがいいです!!思わずクツクツと笑い声が漏れてしまう(笑)
    我孫子先生の笑いのセンスは私のど真ん中ストライク!!めちゃくちゃいいです♪
  • 三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル
    三名の合作
    一人づつのEDパターンがあり、それによって読後に違った印象を受ける
    若干グロテスクな表現が有り
  • ディプロトドンティア・マクロプス
    新規購入ではなく、積読状態のもの。2007/7/8-7/9.我孫子作品にしては、といっては失礼であるが、かなりぶっとんだコメディタッチの作品であった。
  • メビウスの殺人
    速水兄弟シリーズ第三弾!!

    東京で発生した連続殺人事件。被害者は、撲殺→絞殺の順番に次々と殺されていく。そして死体のそばにはいつも謎の数字が書かれたメモが残されている。犯人の目的は・・・?

    今回も端々に出てくる会話はユーモアたっぷりでおもしろかったけど、内容的には結構重いものだと思います。

    ...続きを読む
  • 人形はライブハウスで推理する
    新規購入ではなく、積読状態だったもの。
    購入詳細不明。
    2013/9/6〜9/7

    長い間の積ん読本、かつ久しぶりの我孫子作品&鞠夫シリーズ。書き下ろしの一作品以外はメフィストで読んでいるはずだが、長く置いておいたので、良い感じに忘れてた(笑)。このようなほのぼの系ミステリは貴重な存在なのだが、私の...続きを読む
  • 迷彩都市 カモフラージュ・シティ (1)
    いや正直推理モノとして悪いわけではないんですけどね
    題材から話を膨らませるのに無理がありすぎた感が
  • スライハンド
    藤谷陽子さんの絵が好きなので!中々新刊で見なくなってしまったのでようやく手に入れれて嬉しいです。主人公達のその後が気になってしまう・・幸せになって欲しいもんです。
    続編読みたいな・・。
  • スライハンド
    絵が高尾滋氏にちょっと似てる?最後が好き。
    主人公の優がカッコイイんですが…。眼鏡の変装素敵です。
  • ディプロトドンティア・マクロプス
    「我孫子流ハードボイルド」と銘打ってあるけれど、ハードボイルド+SFっていう感じですかね。
    途中まではハードボイルド路線まっしぐらで、謎が謎を呼ぶ展開なんですが、後半から、どんどんコミカル系SFになっていきます。
    まさかこんな終わりになるとは?! みたいな楽しみ方ができる本ですね。
    なので、ま...続きを読む
  • スライハンド
    藤谷さん目当てで買ったんだけども、内容は正直微妙だったかな。
    これが恋人だと萌えたんだろうけど・・・(悲恋に弱い)
    でも!藤谷さんの男の子は色っぽくてドキッとする!かっこいい〜v
  • メビウスの殺人
    犯行の手口をここで言っちゃうとネタバレになるので、言いませんが、非常にユニークで遊び心も入っていて面白いです。著者も「こんなミステリは僕にしか書けない」と言った確固たる自負があるそうで。
    警部補とその仲間達が作り出すドタバタ劇も面白いですしね。
    でも、ラストは意外と呆気なかったので物足りなかったです...続きを読む
  • メビウスの殺人
    ミッシングリンクは分からなかったけど、犯人たちがやってたお遊びはわかった…つもりでいた。チェスやってるのかと思ったよ。しかしこのミッシングリンクはすごいよなぁ。思いつかないし思いついても書かないだろう。こういうノリだからこそ許されるというかむしろ納得してしまうというか。きれいにまとまってはいるんだよ...続きを読む
  • 人形はライブハウスで推理する
     腹話術師の朝永さんが操っている(?)人形の鞠夫が事件の謎を解いていく短編集。しかし、ミステリ部分よりも朝永さんと「おむつ」こと睦月との仲が気になるラブコメ仕立ての軽ミステリです。
     相変わらず進まない2人の関係。今回も様々なことが2人の邪魔をしてくれます。もっとも、邪魔する人に悪意はないのですが。...続きを読む
  • 新装版 殺戮にいたる病

    本格ミステリ好きとしては

    あくまで個人の感想。ジャンル的にミステリーとなっていたので購読。途中で叙述トリックに気づいてからは、ただただ、それぞれの人物の行動を読むだけ。ラストの山場?もなんとなく想像できたし、1つの叙述トリックだけで他には何もない。これはミステリーでも、ホラーでもない。