「似鳥鶏」おすすめ作品一覧

「似鳥鶏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:似鳥鶏(ニタドリケイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1981年03月20日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:作家

「にたどりけい」と読む。千葉大学教育学部卒。2007年『理由(わけ)あって冬に出る』で小説家デビュー、同作で第16回鮎川哲也賞・佳作入選。その他作品に『にわか高校生探偵団の事件簿シリーズ』、『戦力外捜査官シリーズ』などがある。『戦力外捜査官』は2014年にTVドラマ化された。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/20更新

ユーザーレビュー

  • モモンガの件はおまかせを
    今回は本当にいい話ばかり。ペットの問題を似鳥流にアレンジして問題提起しているのは、本当に素晴らしい!ペットをこれから飼おうとする人、買っている人、ペット業社を含め是非読んでいただきたい!早く日本が生体販売を禁止されるようになってもらいたいと願うばかり。
  • 彼女の色に届くまで
    優しくてちょっと気が弱くて、こういう登場人物は好感が持てる。最終段にて、どう決着を着けるのかが見もの。相手のことを考えすぎて身動きが取れなくなる。青春だなあ。
  • きみのために青く光る
    表紙が綺麗で忘れられず、後日買ってしまった。
    自分の能力を悪いことに使うか、大切な人を守るために使うか、様々な能力を持つ4人の少年、少女を描いた短編集のようなもの。他の人にない能力を持つことは、他の人より責任を伴い、苦しみも引き受けなきゃいけないのかも。
    "死ぬまでの間、そばにいてくれる?"
  • 彼女の色に届くまで
    文庫化まで温めておくつもりだったのに我慢できなくて買ってしまった一作。
    ミステリとしてもキャラクター文芸としても高水準で、どちらの側面からでも楽しめる。
    幅広い層に受けるだろう、是非おすすめしたい秀作。

    桜かわいい。
  • モモンガの件はおまかせを
    今回は動物園外での事件ばかり。
    鴇先生の鋭く深い推理観察眼は実家で培われたものだったのか…

    動物は責任と愛情を持って飼育しましょう。

特集