高田大介の一覧

「高田大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/02更新

ユーザーレビュー

  • まほり

    素晴らしい

    沢奥で見かけた少女が大人から受けている扱いに違和感を覚えて彼女を探す少年淳と、
    己がルーツのため郷土資料から寒村の社号の謎に迫る青年裕。2人の調査が交わる時、近代史の闇より生まれた恐ろしい因習が浮かび上がる、、、
    文献調査の過程や神話変換など細かなディテール、山間の村々や沢筋の祠が目に浮かぶよう...続きを読む
  • まほり
    タイトルの意味にぞわぞわした。
    全部伏線回収してスッキリするし読み応えもあるけど、おや?おやおや?……………あー、うわーっ、ああああー……ってなった。
    でもとても好き。
  • 図書館の魔女 烏の伝言 (下)
    大満足!
    下巻も最初は建造物や環境の説明ばかりで飽きがきたが、途中から港湾都市を巡る冒険からマツリカ登場まで息もつかせぬ疾走感でクライマックスへ。
    マツリカの推理がことごとく腑に落ち伏線回収。
    後半一気読みで読後感は期待を裏切らなかった。
    新刊の「霆ける塔」が楽しみだ。
  • まほり
    最初の部分は、方言もよく分からずなかなか入っていけないが、気がついたら夢中になってラストのドキドキ。
  • 図書館の魔女 第四巻
    終わった。
    すごい話だった。
    本当に面白い本を読んだ満足感でいっぱい。
    長い長い物語で、言語学者だという作者が紡ぎ出す文章を読むのは結構大変だったけど、丁寧に読むことができてよかった。
    魔女と呼ばれている人物が主人公だけど、魔法は出てこない。
    架空の世界の外交小説でありつつ、少年少女が心通わせる物語...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!