高田大介の一覧

「高田大介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/10/02更新

ユーザーレビュー

  • まほり

    圧倒的

    謎自体はそんなに凝ったものでは無いし、難解な古文書も盛り沢山だが、この圧倒的なリーダビリティは何なのだろう?

    正直、オチも途中で解ってしまうが、それでも、ラストまで目を離せなくなってしまう。本当に凄い作家さんだ。

    図書館の魔女の続編が待ち遠しい。
  • 図書館の魔女 第三巻
    マツリカが狙われ、まんまと●●●●を奪われてしまいます
    しかし、どんどんストーリーは大きく展開していき…

    面白いです
    おすすめします!
  • 図書館の魔女 烏の伝言 (下)
    面白かった。
    ようやく登場したマツリカが彼女の権威など関係ない面々に無邪気に扱われたり、ハルカゼがやけに可愛らしい姿を見せたりと、やっぱりレギュラーが登場すると楽しさが増える。
    まだまだ物語は進行途上のようなので、続きを早く読みたくなりました。
  • 図書館の魔女 第二巻
    1冊目に散りばめられた伏線が次々と展開していき、キリヒトの本来の役目が明らかとなる
    読み進むたびにワクワクが止まらない!
  • 図書館の魔女 第四巻
    面白かった‼
    剣は人を分断する。言葉は人をつなげる。
    マツリカが追い求める、”彼我の間に、言葉を交わすチャンスはなかったのか?”という問い。言葉によって世界を平らかにできる、という証明。
    言葉が人を人たらしめているのならば、言葉でつながっていくことこそが、人の在るべき姿だと思った。