イクサガミ 天

イクサガミ 天

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新直木賞作家による、3巻完結・新シリーズ開幕!
〈デスゲーム×明治時代〉

カバーイラスト・石田スイ(「東京喰種」「超人X」)


金か、命か、誇りか。
刀を握る理由は、何だ。


明治11年。深夜の京都、天龍寺。
「武技ニ優レタル者」に「金十万円ヲ得ル機会」を与えるとの怪文書によって、
腕に覚えがある292人が集められた。

告げられたのは、〈こどく〉という名の「遊び」の開始と、七つの奇妙な掟。
点数を集めながら、東海道を辿って東京を目指せという。
各自に配られた木札は、1枚につき1点を意味する。点数を稼ぐ手段は、ただ一つ――。

「奪い合うのです! その手段は問いません!」

剣客・嵯峨愁二郎は、命懸けの戦いに巻き込まれた12歳の少女・双葉を守りながら道を進むも、
強敵たちが立ちはだかる――。

【文庫オリジナル】


《絶賛の声、声、声!!!》
王道ネタで覇道を突き進む、圧倒的な牽引力。もう止まらない。
お願いですから早く続きを読ませてください。
京極夏彦(小説家)

風太郎忍法帖+現代のデスゲーム。『天』で巻を措けるのは、ただ死人のみか。
悪のゲームに身を投じ、一瞬の光芒に命を散らす兵法者たちは、切なくも美しい。
貴志祐介(作家)

時代劇とアクション、サスペンスの超絶ハイブリッド。
デスゲームに挑む武人たちと共に、この快楽を味わい尽くせ。
大友啓史(映画監督)

魅力的なキャラクター、迫力あるバトルシーン、息もつかせぬ怒涛の展開!
最高のエンタメ時代小説!
望月麻衣(作家)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2022年02月15日
紙の本の発売
2022年02月
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2022年06月14日

    面白かった。達人をはじめとする、キャラが全員魅力的だった。その強さだけでなく、人柄にも個性が出ていた。特に強い老人キャラにはテンションが上がった。戦闘シーンも臨場感があって、漫画以上の迫力があった。特殊能力ではなく、特殊技術というのもよりリアリティがあって、舞台に合っていた。ずっとワクワクしていた。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月04日

    歴史小説というより完全にエンタメ小説ですな

    サムライ版バトルロワイヤル開始!

    中2病設定がすごい!!

    奥義とか大好きなんですけど笑

    登場人物も個性たっぷりで、
    漫画とか映画化もいけそう

    実は、3部作と知らず、
    途中で、

    「あれっ、これ終わらんな」

    と思いながら読んだが、
    終わり方が、ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月30日

    歴史とバトルロワイヤルの合体。武士の刀捌き、強気者たちの闘いが文章を通して伝わってきた。
    読みやすく惹かれる内容のためすぐに読み終わった。次回作が楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月27日

    速攻で漫画化されそうな面白さ。時代考証がちゃんとされていて、単純なストーリーだけれどもエンタメにとどまらない深さを感じた。キャラも1人1人たっていて、筆圧高めなのも自分好み。
    早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月05日

     明治11年、大金を賭けた侍たちのデスゲームに剣客の愁二郎は、少女を守りながら闘い抜いていく。

     設定が奇抜で、様々な技を繰り出す強者が次々登場し、命を懸けた闘いが描かれるという、まさにエンターテイメントに徹した作品になっており、夢中で読みました。

     また、明治11年という時代背景もうまく取り入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月04日

    くっそ面白い。
    最後になるにつれ、終わらないでくれと願う。
    登場人物の濃さ、展開のスピーディさ、読みやすさ、最高のエンターテイメント小説だった。
    早く続きが読みたくてたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月28日

    初の今村翔吾さん。
    歴史物はほとんど読まないのですが、
    この本、凄い!こんなに引き込まれて読んだのは久々。

    映像が目に浮かぶような描写でまるで映画を見ているかのよう。

    それぞれの出場者たちの、緊張感、恐怖感、高揚感…様々な感情が伝わってきて、ホントすごい作家さん。。
    今村さんの他の小説もぜひ読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    今村翔吾『イクサガミ 天』講談社文庫。

    直木賞受賞作家による3巻完結シリーズの第1巻。

    明治時代を舞台にした高見広春の『バトル・ロワイアル』か板垣恵介の『刃牙』、はたまた夢枕獏『小説 ゆうえんち バキ外伝 』のような設定の剣豪小説。非常に面白い。

    京八流の使い手である主人公の嵯峨愁二郎は恐ろし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月14日

    直木賞作家による時代劇×デスゲーム。明治時代を舞台に侍達が殺し合う。
    全3部作予定とのことで、1作目の時点ではまだ大きな盛り上がりはないけれど、魅力的なキャラは多数登場しているので、バトルロイヤル物としてはいい滑り出し。
    展開に必然性はあるものの、子供が狙われてそれを助けるパターンが多すぎる気はする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ばんかい 2022年06月05日

    緋村剣心級の登場人物がスーサイドスクワットの様な超絶技法を繰り広げ、展開される小気味よいストーリーは映像化にもピッタリだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング