零崎双識の人間試験

零崎双識の人間試験

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。その長兄にして切り込み隊長、"二十人目の地獄"にして奇怪な大鋏"自殺志願(マインドレンデル)"の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟捜しの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった! 息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは……!? 「人間シリーズ」第一弾!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年08月19日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2013年01月29日

    昔、読んでた戯言遣いシリーズ。とても気に入っていて、その時、この人間試験を読んでいたはず。久しぶりの再読。シリーズが完結しているようなので、これから読むのが楽しみ。伊織もまた、出てくるようですね。双識は、どうなんでしょう?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月06日

     殺人鬼の一賊『零崎』に新しい家族ができるまでのお話。
     無桐伊織が殺人鬼としての性質を発露し、『零崎』になるまでのお話。
     殺し名の第三位『零崎』に殺し名の第一位『匂宮』の分家『早蕨』が挑むお話。

     すべては『零崎』を中心に回るお話だけど、結局『零崎』について理解できた気がまるでしない。だから理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月30日

    兄ちゃんの世界って兄ちゃんにしか分からない
    凄い独特な空気と時間と概念を持ってる。
    でもこの人を支えてるのはやっぱり【家族】なんだなぁ。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月05日

    漫画版と同時に購入。戯言が文庫で集めていたので零崎も文庫で、と思い、ついに購入。やっぱり西尾が書く文章は好きだ。わたしにも双識みたいなお兄ちゃん欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    戯言シリーズに続いて、西尾維新文庫で人間シリーズも開幕!
    お馴染みの心地よいリズムとドライブ感は健在で、ページを繰る手が止まらなかった。続刊が楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月07日

    殺人鬼の集団である零崎にまつわる話なのに、普通の少女が異常な零崎に変貌を遂げていく話なのに、そこには「人間」がいる。
    非日常の中に日常を、異常のなかに普通をといった挿入が見事にはまっている。
    まさに「人間」シリーズと言ったところか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月23日

    やっと文庫化、零崎人間シリーズ!
    久しぶり維新ちゃん。
    もう人識君かわいいよね、大好き!
    人間失格。

    さあ零崎をはじめよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月08日

    異常な設定の元戯画化された自分探しの物語。さくさく読めちゃうキャッチーさは魅力。テンポよく読む分にはストーリーの展開も面白い。
    ただ犬死しちゃう登場人物が多すぎ。がしゅがしゅ使い捨てられちゃう。そこは好き嫌いが分かれるかも。
    深入りしないで言葉遊びや登場人物、戯言シリーズとのつながりを楽しんでしまう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月18日

    双識の話は何故か好き。
    はちゃめちゃなのに優しさや大事なモノが入っている気がして。
    ノベルスも何度も読んだけれど文庫も購入してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月27日

    それでは、零崎を開始しますー

    零崎シリーズの第1巻。
    お兄さんのお話です。

    『普通』とは何か、『個性』とは何か、を考えさせられるお話でした。
    『殺し名』が主人公なので、残酷なくらい人が死にます。

    先の『戯言』シリーズとリンクしてるので、色々わかって面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 零崎双識の人間試験
    838円(税込)
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。その長兄にして切り込み隊長、"二十人目の地獄"にして奇怪な大鋏"自殺志願(マインドレンデル)"の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟捜しの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった! 息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは……!? 「人間シリーズ」第一弾!
  • 零崎軋識の人間ノック
    838円(税込)
    「零崎一賊」―それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。二つの通り名を持つ、釘バット"愚神礼賛"ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識の前に、次から次へと現れる"殺し名"の精鋭たち。その死闘の行く末にあるものとは!? 「人間シリーズ」第二弾!
  • 零崎曲識の人間人間
    764円(税込)
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。"少女趣味(ボルトキープ)"こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。"音使い"零崎曲識の闘いが今、始まる! 「人間シリーズ」第三弾!
  • 零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。 汀目俊希として中学校に通う零崎人識の下に、彼の友人を名乗る人物が現れた。"殺し名"序列一位、匂宮雑伎団の次期エース、匂宮出夢である。その口から発せられた『お願い』とは……!?
  • 零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。兄弟になったばかりの零崎人識と無桐伊織は人類最強の請負人・哀川潤を勝算を持って襲撃する。しかしその結果二人は彼女の『仕事』に巻き込まれる羽目に! 向かう場所は"殺し名"序列二位、闇口衆の拠点・大厄島、向かう敵は生涯無敗の結晶皇帝、六何我樹丸!
  • 零崎人識の人間関係 零崎双識との関係
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。零崎人識、17歳、もっとも自由だった全盛期の春。"殺し名"七名の対極に位置する"呪い名"六名――時宮病院、罪口商会、拭森動物園、死吹製作所、奇野師団、咎凪党――の寄せ集め、裏切同盟と兄・零崎双識との戦闘に、彼は否応なく巻き込まれ――
  • 零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係
    「零崎一賊」――それは"殺し名"の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。 死んだ人間みたいな目をした少年と、顔面刺青の殺人鬼。二人の出会いが、そして語られることのなかった京都連続通り魔事件の真相がついに明かされる! 零崎人識の動機と、その無惨なる結末は……!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています