呉勝浩の一覧

「呉勝浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/16更新

ユーザーレビュー

  • おれたちの歌をうたえ
    元刑事の河辺はかつての友の死をチンピラの若者、茂田から知らされた。彼が残した、遺産の在処を示す暗号。だがそれは、少年時代の5人が関わり悲劇を生んだ殺人事件を掘り起こすきっかけとなる。昭和、平成、令和と彼らの運命を狂わせ続けていたその真相は、40年前に見ていたものと全くかけ離れたものだった…。話が進む...続きを読む
  • 白い衝動
    殺意と殺人願望の違い、そしてただただ殺人願望を持つ人に対して社会ができることは、排除か隔離か包摂(受け入れる)こういう心理学的な内容を組み込みつつ、ストーリー展開もしっかりミステリー。これはなかなか骨太で面白い作品だった。
  • おれたちの歌をうたえ
    第165回直木賞候補作。

    598ページ。圧巻でした。
    1972年長野県上田市。五人の小学六年生、河辺久則。五味佐登志。外山高翔。石塚欣太。竹内風花をキョージュと呼ばれる竹内三紀彦は栄光の五人組と呼び「君たちは小さな勇者だ!」と言いながら可愛がっていました。

    キョージュは教員で本を二千冊以上所有し...続きを読む
  • おれたちの歌をうたえ
    第165回直木賞候補作、昭和・平成・令和の3つの時代に渡るミステリー(600ページ超で読み応えアリ)。元刑事の河辺と、チンピラの茂田のコンビが昭和と令和の時代に起きた事件のナゾを解いていく。永井荷風、ヴェルレーヌ、中原中也、太宰治などの小説・詩と、歌を基に謎を解いていくのが面白い、「記憶」もテーマの...続きを読む
  • スワン
    第73回日本推理作家協会賞長篇および連作短編部門受賞作
    第41回吉川英治文学賞新人賞受賞作。
    第162回直木賞候補作

    さいたま市に隣接する湖名川シティガーデン・スワンというショッピングセンター街で起きた無差別銃撃事件。
    二十人以上殺した犯人三人は仲間割れと自害で死亡。

    片岡いずみ16歳は拉致され...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!