倉知淳の一覧

「倉知淳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/15更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 星降り山荘の殺人
    宣伝媒体等では騙された等という文句が使われていたので絶対に騙されるもんかと意気込んで注意深く読んでいったはずなのに気づいたらまんまと綺麗に作者の罠にかかっていた。ただ、心の中のどこかでは犯人であって欲しくなかった人物が犯人だったので少なからずショックは受けた。謎解きも分かりやすかったし登場人物も限ら...続きを読む
  • 日曜の夜は出たくない
    猫丸先輩が出てくる安心感。どんな複雑なトリックも彼の手にかかかれば、簡単に暴かれてしまう。一見関係性のない連作集だが、まさかの展開に、度肝をぬかれてしまった。何度も読み返してみたくなる作品。
  • 新装版 星降り山荘の殺人
    鴛ミスで、有栖川先生が推薦していたので。凄く、正統派で堪能できるミステリーだった。考えながら読み進めるのに心地のよいスピード感で右往左往楽しかった。結構、振り回された!
  • 作家の人たち
    ブラックユーモア感が「笑ゥせぇるすまん」みたいなテイスト。「らのべっ!」が一番のヒット。「文学賞選考会」の選考の様子は実際にあってもおかしくなさそう(笑)。
  • 過ぎ行く風はみどり色
    2019年26冊目。読みたかったけれど、絶版状態だったので新版発売はありがたい。表紙のテイストにはしっくりきていないけど。富豪の家に怪しい霊能力者や研究者、降霊会に密室殺人、不可能殺人と設定盛り盛り。トリックそのものは少し突飛なところがあるが、仕掛けは盲点を突いていて巧い。型破りな猫丸先輩が意外とま...続きを読む