宮部みゆきの一覧

「宮部みゆき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮部みゆき(ミヤベミユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1960年12月23日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京都立墨田川高校卒。1987年『我らが隣人の犯罪』でオール讀物推理小説新人賞を受賞、デビュー。1992年『龍は眠る』で第45回日本推理作家協会賞長編部門受賞。1993年 『火車』で第6回山本周五郎賞。1999年『理由』で第120回直木賞。 『模倣犯』では2001年毎日出版文化賞特別賞他多数受賞。『ブレイブ・ストーリー』などのファンタジー小説のほか時代小説も手がける。映画化やドラマ化された作品は多数ある。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2021年2月号

作品一覧

2021/01/09更新

ユーザーレビュー

  • 宮部みゆき全一冊
    この本のレビューになってませんが、ご容赦を。
    宮部みゆきファンの人はタイトルだけで買っちゃいますよね!?

    この本は発行されてすぐに購入し、手を伸ばせばいつでも読める所にあったのですが、読み終わるのに2年もかかってしまいました。
    残り20ページ程の状態で半年ほど放置していたので、年内に読んでしまおう...続きを読む
  • あんじゅう 三島屋変調百物語事続
    本のカバーの くろすけが
    可愛くってねぇ
    ふすまから ちょんぼり覗いてる愛らしさ
    塾の師匠、青野利一郎が
    いい味出して
    おちかちゃんと いい線いきそう
    塾のやんちゃ坊主たちも
    これからも出てきてくれるといいなぁ
    賑やかで楽しい怪異譚
    宮部先生お得意の
    生き生きした少年たちも
    活躍します
  • おそろし 三島屋変調百物語事始
    人を取り込んでしまう屋敷「凶宅」と
    おちかの過去「邪恋」で
    百物語の意味もわかると
    訳アリで悩む人の話を聞くだけが
    段々しっくりくるようになります
    1話から5話までが
    本当に見事につながっていて
    基本は終わった話を語るというだけなのに
    どっぷりはまり込んで
    楽しませてくれます
    さすが 宮部先生だなぁ
  • あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
    表題作で号泣。このシリーズは怖い話や不思議な話がベースになっているけれど、色んな縁、つながりが大切におもえるお話ばかりで毎回考えさせられる。登場人物みんな大好きになってしまう。お勝さんが一番すき。三島屋の人たちみんな大好き。
  • あんじゅう 三島屋変調百物語事続
    三島屋変調百物語シリーズの2作目

    今回は4編+その後

    「逃げ水」
    身の回りの水がいつのまにか無くなってしまう子供のお話

    お旱(ひでり)さんの気性がよくつかめない
    人そのものを呪っているわけでもないし、ちゃんと頼めば特定のところからしか水を飲まない分別もある
    作中でも書かれてあるけど、神ではない...続きを読む