ほのぼのお徒歩日記(新潮文庫)

ほのぼのお徒歩日記(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

わたくし宮部みゆきの初めての小説以外の本であります――。著者初の散文集は、江戸を、日本を「歩く」ことから始まった。赤穂浪士討ち入り後の道のり。市中引廻しのルート。そして、島流しの行き着く先。担当編集とともに歩き、食べ、語り尽くした珍道中。ひとたび読み始めれば、あなたもきっと、ミヤベと「町」を歩いてみたくなる。『平成お徒歩日記』に書き下ろし一編を加えた新装完全版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年11月
サイズ(目安)
16MB

ほのぼのお徒歩日記(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    前口上
    90年代中ごろ、ミヤベのお江戸学習と腎臓結石治療のために、赤穂浪士討ち入りあとの泉岳寺までの道のりや、市中引き廻しのルート等々を歩いてみよう、と始まったこの企画、好評を得まして平成12年に文庫本「平成お徒歩日記」と相成ったようです。中島みゆきの歌とラジオ番組の中島みゆきの声が別人のように、宮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    いつの間にやら、頭が“ほのぼの”に変わっていたので、読んじゃった本w

    しかし、「其の壱:真夏の忠臣蔵」が、平成6年7/22って!
    しかも、その前段である「剣客商売『浮沈』の深川を歩く」は、平成5年3/17。
    平成5年っていったら、93年だ。
    93年の3月っていったらあ、あぁー、あぁー、あぁーってw...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    実際に歩いてみる!とかちょっと楽しい企画ですよね。確かに時代物を読んでいると暮六つとかどこそこまで後何里とかよく出てくるのに、どのくらいか想像つかないですもんね。でも随所に美味しそうな話題も出てくるところが「ほのぼの」でいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    宮部さんが編集さんと江戸を歩いた「平成お徒歩日記」に書き下ろし一編を加えた新装版旅エッセイ。

    赤穂浪士の引き揚げ道や市中引き回しのルートなど、当時の情報を交えつつ徒歩で巡っています。
    井伊直弼の史実に関する宮部さんの考えが書いてあるところがすごく印象的だった。さすがベテラン作家さん故の言葉選びの巧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    宮部みゆきと新潮社担当一行による、珍道中な旅エッセイ。
    「平成お徒歩日記」に書き下ろし一編を加えた新装完全版。
    其ノ壱 真夏の忠臣蔵・・・吉良邸討ち入り後、泉岳寺までを歩く。
    其ノ弐 罪人は季節を選べぬ引廻し・・・小伝馬町牢屋から刑場へ。
    其ノ参 関所破りで七曲り・・・箱根旧街道(東海道)から関所に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    平成お徒歩日記の新装版。令和の話がひとつ加わったが、あとは同じ。

    表紙の絵がちょっと良すぎではないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています