高里椎奈の一覧

「高里椎奈」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高里椎奈(タカサトシイナ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1976年12月17日
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:作家

芝浦工業大学工学部機械工学科卒。1999年、『銀の檻を溶かして』デビュー。『薬屋探偵妖綺談』、『薬屋探偵怪奇譚』、『フェンネル大陸シリーズ』など多くの作品を手がける。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 私立シードゥス学院III 小さな紳士と秘密の家
    1年生3人それぞれのいいところがあらためて描かれていて、この子たちが好きだからまだ終わらないで!という気持ちが強い。獅子王くんの洞察力と正義感と無愛想、日辻くんの紳士たれとの自律意識とうっすらとした劣等感、弓削くんの天真爛漫さと友達想いなところ、みんな好き。
  • うちの執事が言うことには(8)
    7巻で個人的に変だと思ったけど、話は解決。でもそれは、8巻で解決の糸口に。チェックなしに煮ることはないですよね。8巻でようやくスッキリしました。
  • お伽話のように ドルチェ・ヴィスタ
    「夜が来る」
    希望は、失望の後ではなく、絶望の先に仄かに見えるもの。ユートピアは、求めても届かず、立ち止まっても訪れず、ただ全力を振り絞って歩き続けるうちに、ふと刹那、立ち現れ、通り過ぎなければならないオアシスのようなもの。ーーーーー



    続きものだった。2弾。1弾が読みたい。
    キャラを文章から読...続きを読む
  • 私立シードゥス学院II 小さな紳士と学院の謎
    1年生3人組がやっぱり可愛い。連作短編の形だけど、各話が最終話の伏線になっていてなるほど、となった。寮長たちのキャラも少しずつ見えてきて、続きも楽しみ。
  • うちの執事に願ったならば EX
    不本意主従は時期によって距離感変わるけど、どの時代も面白い。尊いとかより「申しわけないけど傍から見てるぶんには面白い」というのがこの二人に対する主たる感情です。
    それにしても鳳さんがスーパー執事すぎてこわい。悪魔で執事に対抗できるんじゃなかろうか。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!