【感想・ネタバレ】銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談(31件)のレビュー

レビュー

Posted by ブクログ 2014年06月08日

妖怪探偵のおはなし。
変わった空気感がものタイプでした。
三人の絡み方が面白くて長いですが、読み進める手が止まりませんでした。秋くんのかっこよさは見ものだと思います。一巻が好きなら続編も読み続けることをお勧めしたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月02日

手品のような鮮やかに読み手の視線を奪って、物語を幕引く様に私はただただ感動しました。散りばめられたものを全て回収した時、溶かされたものが分かります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月29日

私が学生の時にハマりにはまった薬屋シリーズ!
文庫版になったということで、久しぶりに読み返しました。
やっぱり高里先生の文章は心地良いです。淡々としているかと思いきや、細やかな所まで丁寧に、ユーモラスに描く。
とにかくキャラクターが魅力的。
天才的な謎の美少年・秋に、天然アルコールワードの座木、そし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月16日

薬屋探偵シリーズの一作目です。

あらすじと登場人物を見て、あとは表紙にひかれて買いました。

妖精って感じはあまりなかったですが、ところどころ人間とは違うなと思いました。

探偵なので、事件は起きるんですが、どちらかというと、人間関係を重視している作品です。

3人のやりとりがおもしろかったです。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月06日

薬屋探偵シリーズ第1巻。ノベルス時代にはまってました。

茶髪の美少年・深山木秋、爽やかな青年・座木、元気な赤毛の男の子・リベザル。この三人が営む薬屋『深山木薬店』は、「どんな薬でも症状に合わせてお出しします」と貼紙がされている。ここを訪れた客が「灰色の木を金色に戻す薬を下さい」と口にした時、『深山...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月20日

男子探偵三人組は、実は人外の存在。
美形で性格が悪くて頭が良くて謎の多い秋に、穏やかで母親的存在の座木、人見知りで真っ直ぐなリベザル。
彼らが守るのは、人間でもなく妖怪でもなく、その境界線。

毎回秋や座木の言葉にハッとさせられます。

二期では驚きの展開が!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月16日

薬屋シリーズ 1巻。
まず登場人物紹介、深山木秋(妖怪)、座木(妖怪)、リベザル(妖怪)、メイン3人が妖怪(笑)
呉服屋女将・小海由里子、不動産屋・市橋厚、悪魔・桜庭零一、赤毛連盟・高橋総和、そして刑事・高遠・葉山・白木・来村・庄野。
テーグちゃんって誰だ?名前だけ「花屋」も登場。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月19日

ジャケ買いだったんですが、読んだらこのシリーズの大ファンになってた。読み返すたびに元気になれる。ミステリーというよりはファンタジーかもしれないが、ファンタジーが苦手な私でも、これは大丈夫。キャラクターがそれぞれ魅力的なので、飽きずに読める。ずっと大好きな作品。

ここはやおいの部屋なので、やおい視点...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月15日

本屋でなんとなく気になり手に取った本。ファンタジー×ミステリーという雰囲気がとても気に入りました。三人のキャラが好く事件も重すぎず程よい感じです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月04日

読んでいて楽しかった。謎解きとしてはちょっと弱いかもだけどキャラクターは好みで、彼らのことをもっと知りたいと思わせてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月10日

昔購入して読んだけど、最近また発掘して新しい気持ちで読んだ。

単純におもしろかったし、キャラクターが魅力的だった。
それぞれにちゃんと個性があるし、スラスラ読めた。
総和さんが好きだな笑

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

薬屋でもあり○×△□でもある

鬼太郎 2012年07月06日

と、作品の説明文に記してあるということは、ネタばれ禁止ということですな。
では、そのことは明かさずに感想を。

一見児童書かと思う表紙に、女性作家特有のやわらかい文章。
各キャラもなかなかに美男子ぞろいで、ほのぼのした雰囲気の作品・・・。

まあ確かにそうなんですが、この著者かなり意地が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月23日

再読です。久しぶりに読んだけど、やっぱりキャラがむちゃくちゃ良いですね!初めて読んだ時からずっとリベザルが大好きです。彼の成長を描いた物語でもあると思います。
高校生になり読み返して気付くゼロイチと総和さんのかっこよさ…(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月10日

ファンタジー色の強いミステリだと思う。むしろこのシリーズは推理の部分に注目するよりも、キャラクターの日常に浸るのが楽しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月23日

表紙がアニメっぽいので、内容もそんな感じかと思ったら、ちょっと難解。
真剣に読みました。
薬屋の名前にも使われている『深山木秋』が主となっているのかと思ったら、脇役その2のリベザルで、ちょっとがっかり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月23日

主人公の三人がそれぞれ魅力的な個性を持っていて、難事件の傍らで描かれる三人の何気ない日常に惹かれます。
一巻は導入部分といった感じ。三人の関係や生い立ちなど謎が多くそれらを読み進めていく、あるいは伏線が張られているのでシリーズを読み終えた後にもう一度読んでみるのも面白いかもしれません。
妖怪や妖精等...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年05月11日

設定がおもしろい。ザギがきになるなぁ〜アニメかドラマになればいいなって思った。シリーズらしいので続きも読んでみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月06日

表紙のイラストと、「妖怪」という言葉に拒否反応が出ましたが、読んでみると、意外としっかりしたミステリーでビックリ。
息抜きに良いシリーズだなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月11日

見たところ20代後半の爽やかな青年・座木(くらき・通称ザギ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの3人が営む深山木(ふかやまぎ)薬店は探偵稼業が裏の顔。だが、もっと驚くべきことに、彼らの正体は○×△□だった!?たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月15日

不思議な組み合わせの3人が営む薬店は探偵稼業が裏の顔。そして彼らの正体は妖怪だった、というファンタジーミステリー小説。

薬屋が探偵、という珍しい組み合わせと表紙の絵が可愛かったのでジャケ買い。特に薬屋の特性を生かした部分はなく、また主人公三人組はみんな妖怪で特殊能力は一応あるけど、人間が捜査してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

全巻のレビュー

本当は知らない 薬屋探偵妖綺談

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月19日

薬屋再読週間。

相変わらず記憶力が曖昧なので「あれ、この人こうだったような……」くらいは思いつつ、新鮮な気持ちで読めました。

1章前半のシーンはこの巻だったか……ものすごい好きなエピソード。秋ゼロイチシバカイの関係いいなぁ……


秋と前作で別れた直也との関係がうまく収まり、
それによってリベザ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

金糸雀が啼く夜 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2016年08月08日

 16年ぶりその3
 とてもきれいなお話だった。
 題名がまたいいなと思った。カナリアですか。カナリアとは言い得て妙だ。
 イエンリィの選択、簡単なことではない。いいなぁと思った。
 忘れたころにまた読みたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2014年08月29日

前々から思っていたけれど、高遠さんもお父さんもあまりに性格が似すぎていたんだね。二人とも不器用だし素直じゃないし。
でも今回の話しで、二人の距離が縮まったのは正直言って嬉しかった。

このレビューは参考になりましたか?

海紡ぐ螺旋 空の回廊 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2013年05月22日

シリーズ最終巻。
面白かったし、謎が解けた時のスッキリ感は相変わらずでしたが、読み切るまでにだいぶかかってしまったので、時間があったら途中からもう一度読み直したい・・・

あ、次のシリーズも読まなくては!

このレビューは参考になりましたか?

ユルユルカ 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2012年10月11日

毎度の事ながら、一度読んだ後にまた読みたくなる内容。
前半は高遠さんメインで話が進んで、後半は薬屋メイン。
一つの出来事が二つの視点から描かれてる感じ。

このレビューは参考になりましたか?

悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2011年01月08日

薬屋探偵シリーズ第3巻。
一見無関係な6つの事件。すべて解決したはずのこれらの事件の共通点とは何か。

連作短編のような長編でした。無関係な事件に共通点が浮かび上がり、真相が明らかになるとすっきりします。でも結末は解りにくいかも……
最終章は高遠&葉山が薬屋に協力を求める形でスタート。刑事さん達、今...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2011年01月07日

薬屋探偵シリーズ第2巻。

ある日深山木薬店に訪れた少年。彼の依頼はなんと殺人。当然引き受けなかったが、彼の殺したかった相手がバラバラ死体で発見され、秋が容疑者になってしまう。

事件は凄惨なものですが、薬屋の日常生活のほのぼのとした空気も感じられます。リベザルには辛い結末になりましたが、事件を通し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2010年12月16日

砂波ちゃんがかわいい! こういう子とお友達になりたいなあ。

秋くんとリべくんは別行動。離れ離れになってしまうので、そんなに接触はないんだけども、リべくんが電話で「師匠にお菓子食べないでくださいって言っといてください」という伝言を託したあと、ユノがやってきて、秋くんがリベザルにってユノにお菓子を持た...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ユルユルカ 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2010年12月16日

表紙がとても好きです! 秋くんのチラリズム(笑)、と思ってたら「白兎~」の表紙もチラリズムだった! 発見するの遅い……。

この巻はなによりも、秋くんがリべくんにお守りをあげるシーンがとても印象に残ってます! なんとも言えないけど、あえて言うなら……萌え?

山百合を見に行こうとゼロイチを誘う秋くん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

蝉の羽 薬屋探偵妖綺談

Posted by ブクログ 2010年12月16日

あんまり内容を覚えてない……。座木さんと離れ離れになってしまったことくらいしか……?

秋くんとリべくんがわりと一緒に行動してます。たぶん。覚えてないので曖昧なんですが。リべくんがどこかに行って帰ってきて、秋くんになんか言われて涙目になるんだけど、秋くんが「一応お帰り」って言った途端に元気になるリべ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?