「道尾秀介」おすすめ作品一覧

「道尾秀介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:道尾秀介(ミチオシュウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年05月19日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

玉川大学農学部卒。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。2007年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、2009年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞を受賞。2010年『龍神の雨』で大薮春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞を受賞。2011年『月と蟹』で直木賞を受賞。『向日葵の咲かない夏』(新潮文庫版)はミリオンセラーになる。近著に『ノエル』、『笑うハーレキン』、『鏡の花』など。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/27更新

ユーザーレビュー

  • ラットマン
    バットエンドしか想像できない最悪から、柔らかく柔らかく掬い上げられるような感覚がものすごく新鮮だった。
    思いこみがこんなに恐ろしいことなんだけど、思わされたのもはじめて。
  • スケルトン・キー【電子特典付き】
    新作はサイコパスがテーマ。そしてまさかの○○○もの。ヒントはあった気がするけど、まさかという感じ。最後は少し感動的なんだけど、もう一つ裏があるように思うのは自分だけでしょうか?
  • 球体の蛇
    おすすめ

    悲しい話。
    最後まで火事が起きた真相はわからない。
    しかし、サヨ、乙太郎、智子誰が火事をおこしていたとしても悲しいことに変わりはない。

    読み進めるにつれて
    火事の真相に迫っていっていき続きがきになった
    しかし進むつれてより真相がわからなくなった

    比喩表現がたくみで美しかった。
  • ノエル―a story of stories―
    理不尽な暴力から心を逃すために
    絵本を作る男の子と女の子のお話でした
    作中の童話とリンクしながら
    でも時間の流れが交差しながらの
    とても不思議なお話でした
    短編連作で でもしっかりと繋がっていて
    最後 ほんとに よかった
  • ラットマン
    途中読んでいて嫌な気持ちになり、それがだんだん解消されていく。それはすべてではなくまた別のいくつかの感情も引き出してくれる。いい読書体験だと思った。

特集