「道尾秀介」おすすめ作品一覧

「道尾秀介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:道尾秀介(ミチオシュウスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年05月19日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

玉川大学農学部卒。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。2007年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、2009年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞を受賞。2010年『龍神の雨』で大薮春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞を受賞。2011年『月と蟹』で直木賞を受賞。『向日葵の咲かない夏』(新潮文庫版)はミリオンセラーになる。近著に『ノエル』、『笑うハーレキン』、『鏡の花』など。

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • 光媒の花
    初めて読む作家さん。新規開拓のつもりで適当に手にしたこれは、素晴らしかった。
    仄暗い光景の中にも少し明かりが見えたり、でも絶望だったり。連絡短編が絹糸のような細い線で結ばれて、そして最後まで気づかなかった見えない線でひとまとまりに。
    まるで純文学を読んでいるようだった。
  • 水の柩
    いやぁ、道尾氏の作品は吸い込まれる?
    なぜ、家族でバスになり、それぞれのきっかけになるダムに行くのか?。最終章でその謎がわかる。ついつい最初に戻って読み直してみた。それでもわからない。巧妙に構成されていた。

    「同級生のいじめ」「祖母の子供のころの苦い思い出」
    忘れてしまいたい事と、忘れてはならない...続きを読む
  • 笑うハーレキン
    面白かった。
    題名だけ見たとき、どのようなものか想像もつかなかった。
    ハーレキン=道化師なんだね

    ホームレスになった家具職人
    息子を亡くし、妻を奪われ、自殺を図るも
    不思議な女の子に救われる。

    そして、事件に巻き込まれる。

    展開が早く、とっても面白い一冊だった。
  • カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
    非常に面白かったですね。
    最後の大どんでん返し!!。
    「言われれば確かに」って感じですね。
    解説もまた、的を得てとても良かったです
  • 満月の泥枕(毎日新聞出版)
    あんなに辛い出来事があったのに、明るい主人公。
    私の脳内では主人公はムロツヨシで再生されてました(笑)
    池の骸骨まわりのテンポの良いあたりは、映像化したところを見てみたい!アパートの濃い住人たちのやり取りが楽しすぎて良かった。鉱物記念館のあたりはちょっと長かったけど。
    オチは、そうかもと思ったけどそ...続きを読む

特集