月と蟹

月と蟹

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

注目度ナンバー1の著者による少年小説の傑作! 「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」──家にも学校にも居場所が見つけられない小学生の慎一と春也は、ヤドカリを神様に見立てた願い事遊びを考え出す。100円欲しい、いじめっ子をこらしめるなどの他愛ない儀式は、いつしかより切実な願いへと変わり、子供たちのやり場のない「祈り」が周囲の大人に、そして彼ら自身に暗い刃を向ける……。鎌倉の風や潮のにおいまで感じさせる瑞々しい筆致で描かれ、少年たちのひと夏が切なく胸に迫る長篇小説。 第144回直木賞受賞。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年07月12日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

月と蟹 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    もう少し爽やかなことが起きてもいいような舞台(海のある田舎、葉山かな?)で、すごくグロい、ハラハラしてしまうような日々の描写。
    しかし、なんていうか子どもたちは人の心が読めすぎ、爺ちゃんを除いて大人たちは何も気づかなすぎ(気がついても見なかったことにするのも含めて。)大人と子どもの違いなのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月27日

    大人と子供の境目、見えないのに確かにある気がしている。「子供なんだから」「大人のくせに」日常会話にもよく出てくる。乳飲み子にはなかったはずのドロドロとした負の感情は、いつから子供の心に芽生え育ち始めるのだろう。自分の古い記憶に、楽しさや喜びと同じ数くらい、憎しみや恨みなんかもあることを、この子たちの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月20日

    国語の受験問題に出てくる本って、問題の中ではわからなかったけど、ちゃんと読んでみるとこんなに面白いんだって気付かされた本。
    向日葵の咲かない夏と同じ著者って知らなかった。
    グロテスクでダークな表現が上手で、すごく好みな文章。
    他の作品も読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    この人の作品は、人の心の奥底にある忘れていたどす黒いものを白日に晒すのだけれど、それが嫌ではなくどこか懐かしかったりして、心に残る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

    泣いた。ありがとう。キラキラしすぎてなくて読みやすかった。紡がれる世界が好き。

    助けてと言えなかった子どもの頃の自分が浄化された気がする。もし、彼らと出会って、一緒にヤドカミ様にお願いしていたら、当時の私はなにができただろうか。

    大人も子供もみんながんばって1日いちにちをのりこえていて、じゃあ正...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月24日

    親友、女友達、母に対する、恋とも愛とも友情とも判別のつかない感情が独占欲と嫉妬心を生む。
    そんな中では何も上手くいかないというもどかしさが、少年らしさなのかなぁ
    と思いましたが、結局大人もそんな感情ともどかしさの中に生きているので、人間らしさなんだろうな。

    そんな読後感です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    それぞれ家庭的にままならない問題を抱えた3人の小学生:慎一・春也・鳴海を通して、「子供時代の終焉」をえがいた直木賞受賞作品。子供から大人になる物語といえば、大きなことを成し遂げて立派になるビルドゥングス・ロマンを想像するだろうが、本作は違う。ここにあるのは、シンプルに楽しいことだけを摂取できた子供が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    大切な存在を近くで発見できる

    もと書店アルバイト 2013年10月09日

    子供時代、それがこの世のすべてだった。そんなことを懐かしく思い出させてくれる物語です。ちょっと切ない異性との関係、絶望的な大人との関係。その時は何が起こっているのか、ちゃんと理解できていなかったはずなのに、分かったつもりでいた。同級生の変化、自分の変化、町の変化、3人で決めた不思議な儀式。。。読み終...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月10日

    月と蟹、最後にタイトル回収!
    カミサマへの最後の願い事。
    ラストは、慎一が思い直して
    取った行動の描写がたたみ込む
    ようなクライマックスだった
    道尾秀介の描写は、登場人物の
    心情表現が秀逸

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月25日

    やはり道尾秀介はうまい。
    厳然と道尾秀介ワールドが存在する。
    読み解くには?
    理屈はいらない
    道尾秀介ワールドに浸るだけ。

    動物シリーズ?
    時々目を逸らしたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング