珍妃の井戸

珍妃の井戸

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

列強諸国に蹂躙(じゅうりん)され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか? 犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは――。『蒼穹の昴』に続く感動の中国宮廷ロマン。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
2005年04月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2017年01月19日

ちょうど世界史の授業で義和団事件をやったタイミングだった、っていうのと、蒼穹の昴が面白かった、っていう理由で読みました。
日本人だから、やっぱり日本も大変だったんだよね、って言いたくなるのですが、清側から見れば大義も何もない虐殺だし、日本も欧米列強と全然変わらないんだと思います。
こういうのを読むと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月24日

「蒼穹の昴」の続編。といっても、話の切り口はやや異なっており、外伝と言った方が実態には近いかもしれません。

義和団事件の動乱の最中、厚いベールに覆われた王宮の中で非業の死を遂げた王妃。その真相を探る列強の外交官達。だがしかし、真実味を帯びて語られる関係者の証言はどれもこれも嘘っぱちで…

いわば歴...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月20日

[蒼穹の昴]からの
[中原の虹]へ続く、間の一編。

いいです。勉強になる。勉強嫌いだけど。

清の時代の宮廷事情とか
皇帝家・宦官・軍閥事情及び
西洋諸国からの宣教師・記者こもごもの心情・対応…

類い稀なる美貌の妃の死を巡り
浮き上がる混沌とした世界

なんか、ハラハラします。

史実を元にした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月23日

切ない。『蒼穹の昴』は読んでないので純粋にこれだけの感想だけれど、こういう「誰が真実を語っているのか」という形式はおもしろいなあと思った。『蒼穹の昴』を読み、歴史をちゃんと知っていれば、読後感は変わるのかもしれないけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月03日

おすすめ度:95点

またも一気読み。蒼穹の昴の続編であるが、大河小説の語りとは一変した手法が用いられている。
7人の関係者を登場させ、それぞれの人物に珍妃殺害の真犯人について語らせる。
同じ歴史的事実でも、視角が違えば見方も変わる。
珍妃の死とその死をめぐる陰謀を通して、見事に歴史の重層性を描き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「珍妃の井戸」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play