マンチュリアン・リポート

マンチュリアン・リポート

作者名 :
通常価格 691円 (629円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

昭和三年六月四日未明、張作霖を乗せた列車が爆破された。関東軍の暴挙に激怒した昭和天皇の密命を受けて、若き軍人が綴った「満洲報告書」で明かされる「真相」とは? 該博な知識と丹念な取材に裏打ちされた浅田史観で、闇に葬られた昭和史最大のミステリーを追う。絶好調『蒼穹の昴』シリーズ第4部。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2013年04月12日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

マンチュリアン・リポート のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    いよいよ刊行開始になったシリーズ最新作「天子蒙塵」。その前の本作は、さていつ頃読んだのだったかな、と思って本棚を検索してみてビックリ。なんと登録してませんでした。ちょっと細かい内容までは忘れてしまったのですが、満鉄を擬人化しつつ、張作霖爆破事件に至る各人の動向を、それぞれの視点から描ききった力作だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月16日

    「蒼穹の昴」、「珍妃の井戸」、「中原の虹」に続く浅田次郎の中国近現代史シリーズ。張作霖謀殺事件を舞台に、事後のレポートと張作霖を運んだ伝説の蒸気機関車のモノローグと二つの視点を交互に挟んで描いていく。

    13年春に文庫本化されてすぐに買ったものの、ずっと途中のままでカバンの中に入っていた。やっと読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    これまでのシリーズを読んだことなかったからか、登場人物やら関係性やら言葉やら難しくて読み解くのが大変だった。もっと満州の事や関東軍のことなど、時代背景を知ってから読んだらもっと楽しめたのだろう。そうしたらこのシリーズを読んでいきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月02日

    現代史の謎、張作霖爆殺事件の真相に、密勅を受けた日本陸軍将校と、擬人化した機関車を通して迫る。
    この頃の中国史は登場人物が多くて理解しづらいですが、浅田次郎の描写で理解が進み、俄然興味が湧いてきます。
    蒼穹の昴のシリーズ作品で、一部の登場人物も出てきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    『中原の虹』のその後、張作霖爆殺事件の謎を描く。

    この事件、事件名くらいしか知らない己の情けなさ。
    でも、ここまで読むまでは、張作霖について、あえて調べずに読むことにした。

    昭和天皇の密命を帯びた陸軍中尉、志津が描いた報告書と、なんと、西太后の御料車(!)のモノローグで構成された物語。
    中原に出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月16日

    初めて浅田次郎を読み終えて、これは面白かった。まず構成が面白い。張作霖の事件を批判して投獄された軍人が天皇の命を受けて事件を調べるため、大陸に渡る。そこからの彼の報告書と張作霖がその中で爆死した豪華な機関車の独白という二部構成で、交代に話が進められていく。まず序章で浅田が言いたいであろうことが多く語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月05日

     『蒼穹の昴』の登場人物と重複していたので、イメージが湧きやすかった。
    歴史小説と言うより、エンターテーメント性が強く感じる。『蒼穹・・』の西太后が可愛いおばさんに描かれていたように、天皇も、関東軍の一部の軍人も、張作霖も、それぞれ苦悩を抱えた良人に描かれている。
     中国からも、日本からも角が立たな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月19日

    天皇陛下から直々に張作霖爆殺の真相を探るよう密命を受けた陸軍中尉志津邦陽が、手紙の形で陛下に認めた満州からの報告書「マンチュリアンレポート」。
    事件の首謀者である関東軍に対する痛烈な義憤と張作霖という草原の英雄に対する
    深い愛惜の想いがこの小説の骨格を成している。浅田次郎は、義と情の人だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月23日

    シリーズ4作目。
    張作霖の爆殺事件の真相を語る物語。

    その語り部は、天皇から調査を命じられた主人公の天皇への報告書(マンチュリアンレポート)と爆破された機関車(擬人化された機関車)が交互にストーリを語っていきます。

    擬人化された機関車が語り部とはさすが浅田次郎と思いました。(でもかなり違和感あり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月29日

    巻末に地図と路線図があることに気づかず、位置関係を理解しないまま読み進めてしまったことを後悔。漢字の読みを含めなかなか難しい内容だったが、ストーリーとしてはおもしろい内容だった。
    やっぱり浅田次郎さんの作品は大好きだ

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています