宮城谷昌光の一覧

「宮城谷昌光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮城谷昌光(ミヤギタニマサミツ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1945年02月04日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部英文学科卒。『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で第105回直木賞を受賞。その他作品に『孟夏の太陽』、『楚漢名臣列伝』、『風は山河より』、『新三河物語』などがある。趣味のカメラで雑誌『日本カメラ』の年度賞で1981年に8位に入賞したこともある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年6月号

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 晏子(一)
    <文庫全4巻を通してのレビュー>

    強国晋を中心に大小いくつもの国が乱立した古代中国春秋期。
    気儘な君公に奸佞驕慢な高官たちが群れ従う斉の政情下、ただ一人晏弱のみは廟下にあっては毅然として礼を実践し、戦下においては稀代の智謀を揮った。
    緊迫する国際関係、宿敵晋との激突、血ぬられた政変・・・・・度重な...続きを読む
  • 沈黙の王
    黙せる王は、苦難のすえ万世不変の言葉、すなわち文字を得る。
    古代中国で初めて文字を創造した商の高宗武丁を描く表題作。
    夏王朝初期、天下覇業の男達の権謀術数を記す「地中の火」。周王朝の興亡をたどる「妖異記」「豊饒の門」など。美姫の姿も艶めかしい壮大なロマン。

    乱世、人はいかに生きるかを問う。


    ...続きを読む
  • 侠骨記
    文化は一級ながら軍事は二級の大国魯の書生曹劌は、隣国斉との戦気が激しくなる中、若き英王同に見出され、軍略の才を存分に発揮する。
    智謀の賢相管仲が牛耳る斉との、和戦両様の戦いが大詰めをむかえた柯の盟約の場で、曹劌がとった驚くべき策・・・・・
    君臣のあり方と政治の理想を描く、中国歴史小説集。


    歴史を...続きを読む
  • 楽毅(一)
    大国に囲まれた中山の宰相の嫡男として産まれた楽毅。見聞(広めるために身を偽り敵国・斉に留学し、孫子の兵法を学ぶ。さらに孟嘗君との出会い、楽毅を大きく変貌させる。悩み抜く生きざまに天はどのような展開を与えていくか。楽毅の成長物語・序章。非常に読みやすく、展開も速いため、宮城谷昌光の入門として最適な一冊...続きを読む
  • 管仲(上)
    2019/1/6
    史実をベースにしているノンフィクションのようなフィクション。史料が欠落しているところを作者の想像力が埋める。残ページが減っていくのが寂しく思えた。

特集