重耳(上)

重耳(上)

作者名 :
通常価格 658円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

黄土高原の小国曲沃(きょくよく)の君主は、器宇壮大で、野心的な称(しょう)であった。周王室が弱体化し、東方に斉が、南方に楚が力を伸ばし、天下の経営が変化する中で、したたかな称は本国翼(よく)を滅ぼして、晋を統一したが……。広漠たる大地にくり広げられる激しい戦闘、消長する幾多の国々。躍動感溢れる長編歴史小説全3巻。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年11月13日
紙の本の発売
1996年09月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

シリーズ作品 1~3巻配信中

※通常版の作品のみ、カートをご利用いただけます

Posted by ブクログ 2011年02月23日

上中下の全3巻。上巻では主に重耳の祖父・称の話から始まる。曲沃の主君である称が、晋の首都・翼を滅ぼし、念願の晋統一を成し遂げるまで。このとき重耳はまだ若く、出番が少ない。さて、中巻を読むとします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月09日

春秋時代の晋の公子・重耳、後の覇王・晋の文公の若かりし頃を描く、宮城谷作品の代表格。重耳の人徳に焦点が当てられ、公子として流浪の日々を過ごした時期に周囲にどのように支えられ、覇者・文公が誕生していったのかが描かれている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月07日

古代中国を舞台とする宮城谷昌光作品はどれを読んでも主人公に引き込まれす。この作品の主人公は中国春秋時代の覇者(春秋五覇といわれる)のひとりである晋の文公。内乱によっていったんは国を追われた重耳が苦難の末に帰国して春秋時代隋一の名君となるまでの物語。文庫本では3巻セットです。少しずつ時間をかけて読みた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年03月30日

「砂と星の国 晋」
ロマンチストな表現にどれだけ明るくて素敵な国なのだろうとの想像を裏切り、
その誕生から成長まで血にまみれている、なかなかハードな国。

重耳というタイトルなのに重耳の祖父、称の国力増強から物語が始まるところに宮城谷さんらしさを感じる。
食前酒、前菜、パン・・・とメインを待っている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年09月24日

流浪の王子から王となった重耳の物語。彼を彩る人々がとても魅力的なんだけど、それらを魅了した重耳の人格が、やはり素敵なのだなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play