砥上裕將の一覧

「砥上裕將」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 7.5グラムの奇跡
    主人公・野宮が守ったものは「見えること」だけではない、患者さんの心のわだかまりや彼らの家族や友人との関係も。。。そんな読後感を持った一冊でした。

    前作「線は僕を描く」が大変よい作品だったので、本作も期待しながら読み進めましたが、この作家さんは(まだ二作目ですが)ハズレがないですね。

    主人公・野宮...続きを読む
  • 7.5グラムの奇跡
    不器用で就職先も決まっていなかった視能訓練士の主人公、野宮恭一。彼が勤めることとなった普通の街の普通っぽい眼医者「北見眼科医院」を舞台にした5つの短編を収録。

    モノが見えるというのは普通に思えて、いかに貴重なことなのか。たった7.5グラムの眼球とそれらをとりまく部位がいかに精密に機能しているか。本...続きを読む
  • 7.5グラムの奇跡
    前作の「線は、僕を描く」が良かったので、読んでみたが、期待以上だった。主人公は周囲の人に助けられながら成長していく過程で、自分が視能訓練士として働くことの必然性を強く認識していく。主人公の意志が明確になっていくことで、行動が自発的、主体的になっていくストーリー展開が良かった。作者は多忙なのか、決して...続きを読む
  • 7.5グラムの奇跡
    大変美しい作品だった。やわらかで、心にそっと寄り添うような言葉がたくさんあった。「視能訓練士」という職業を初めて知った。登場人物や舞台は同じだが、登場する患者さんが1章ずつで変化して、視能訓練士の野宮さんや北見眼科医院のみなさんが患者さんの病を見つけ、人生に向き合っていく物語。読み進めていくとだんだ...続きを読む
  • 線は、僕を描く
    水墨画家の方が書いた小説で、水墨画の魅力が詰め込まれた感じがある。好きな世界観、続きが読みたくなる。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!