狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】

狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】

作者名 :
通常価格 691円 (629円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

湘南の保養地、逗子で遊民・伊佐間は朱美と名乗る女と出会う。彼女は幻想小説界の大御所・宇多川崇の妻だった。しかも奇怪なことにこれまでに何回も夫を手にかけたという。あまりに妖しい告白を聞かされた元精神科医の降旗と牧師・白丘は激しく惑乱する。百鬼夜行シリーズ第3作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2012年05月11日
紙の本の発売
2005年08月
サイズ(目安)
2MB

狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月02日

    神道における神は良くも悪くも並外れた者。必ずしも優れた資質があるわけではない。(例:祟り神)

    京極堂の神に関する説明に納得。横並び意識の強さから“祀る”という行為が生まれたように思える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回は髑髏を巡る宗教の話をテーマに、フロイトを軸にした心理学の話、日本に根ざしている密教の仕組み、日本神話にまで遡る壮大な推理、と相変わらずの薀蓄がたっぷり。
    ちょっとご都合主義的な展開もなくはないですが、前半でちりばめられた無数の伏線が一つ一つ、見事に解かれていく様はやっぱり面白い。
    榎木津の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ■内容(「BOOK」データベースより)
    「妾は人を殺したことがあるんでございますよ」。湘南の保養地、逗子で遊民・伊佐間は朱美と名のる女と出会う。彼女は幻想小説界の大御所・宇多川崇の妻。しかも奇怪なことにこれまでに何回も夫を手にかけたという。あまりに妖しい告白を聞かされた元精神科医の降旗と牧師・白丘は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    相変わらず理不尽で救われない部分もありますが、この話はとても好きです。それぞれの立場の人間が、自分の望みを賭けて動いた結果の「不思議」。目的の「髑髏」の謎解きは迫力満点で、ひたすら感嘆。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月06日

    分冊文庫版で再読。当初のノベルス版ではカットされていたというフロイトをめぐる議論を挟んであれに触れておくことで、とんでもない真相が明らかになったときに伏線として効いてくるんだねぇ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月19日

    10年ぶりぐらいに再読。読み始めが、海の中に浸かっていくように、気持ち良くも気持ち悪く世界に入っていく感じが、好きやわ。前の時よりもゆっくり楽しんで読めそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    上巻ですが、話の中心となる朱美の過去を多方面から見た内容でしたね。京極氏の書かれる作品を読むと仏教だけでなく基督教にも通じているので、博識な気持ちになれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    再読本。
    本の裏表紙のあらすじを読んでも内容を思い出さず。
    上巻を50ページほど読み進めてようやくおぼろげに思い出される。
    何とも信用できない私の記憶。

    何度も同じ人物を殺し続けているという作家の妻。
    結末はぼんやりと覚えているので、過程をじっくり楽しむことにしよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月31日

    とりあえず全部の感想は下巻にて。
    物語序盤。
    色々登場人物が出てきて、今後どう繋がっていくのかな、というのが楽しみ。


    そして、百鬼夜行シリーズ。
    シリーズとはなっているけれど、繋がっているのだとは思っていなくって、
    あ、前の話とかもちょっと出てくるんだ、と驚いた。
    でも知らなくても読めるようには...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月21日

     まずは上巻読破です。シリーズ三作目になって漸く慣れてきたのか、前作・前々作よりも読むのが苦にならなくなってきました。気色の悪い描写はやはり見事です。

    このレビューは参考になりましたか?

狂骨の夢【電子百鬼夜行】 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】
    湘南の保養地、逗子で遊民・伊佐間は朱美と名乗る女と出会う。彼女は幻想小説界の大御所・宇多川崇の妻だった。しかも奇怪なことにこれまでに何回も夫を手にかけたという。あまりに妖しい告白を聞かされた元精神科医の降旗と牧師・白丘は激しく惑乱する。百鬼夜行シリーズ第3作。
  • 狂骨の夢(2)【電子百鬼夜行】
    「あなたの夢こそ鍵になるでしょうね」。京極堂は刑事・木場とともに店の敷居を跨いだ降旗にそう言った。逗子湾に浮かぶ金色の髑髏、葉山の山中で起きた男女集団自決に絡まり縺れるようにして殺された老作家・宇多川。やはり犯人は朱美なのか? 目撃された「復員服の男」とは何者なのか? 謎は謎を呼ぶ百鬼夜行シリーズ第3作。
  • 狂骨の夢(3)【電子百鬼夜行】
    謎の寺院、聖宝院文殊寺に乗り込んだ京極堂。白丘、降旗、そして朱美……照魔鏡をかかげるがごとく記憶の深淵が明らかにされたとき、歴史の底に凝っていた妄執が、数百年の時空を超えて昭和の御代に甦る。いくつもの惨劇を引き起こした邪念は果たして祓い落とせるのか。百鬼夜行シリーズ第3作、ついにクライマックス。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています