上田秀人の一覧

「上田秀人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上田秀人(ウエダヒデト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年04月09日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

大阪歯科大学卒。1997年『身代わり吉右衛門』でデビュー。『奥右筆秘帳』シリーズ、『闕所物奉行 裏帳合』シリーズ、『妾屋昼兵衛女帳面』シリーズなど多数の作品を手がける。『孤闘 立花宗茂』で中山義秀文学賞を受賞している。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/07更新

ユーザーレビュー

  • 傀儡に非ず
    荒木村重の知識は信長に謀反し妻を見殺しにして自分だけ生き残るという何かの信念があったのか??しか知らなかったけど、何故信長は荒木を重用したのか、知略と強さがあったのとこの小説では信長が荒木を謀反するように企て義昭を呼び寄せて荒木が討つよう仕向けた事と明智が何故信長を討ったのか、それも有りだなと思える...続きを読む
  • 勘定侍 柳生真剣勝負〈四〉 洞察
    面白い!そして話の進みが早いこと。
    止まらなくてあっという間に読み終わってしまいました。上田氏のシリーズを色々読みましたが、これも珍しい気がします。
    作家本人も乗ってる証拠なのかも。そうであって欲しい。続きが早く読みたいです

    佐夜は何をしでかすやら
    くわばらくわばら
  • 夢幻

    家康、信長の関係性を鋭く描写

    現在の日本へと導いた信長と家康について数多くの書物が残されている。
     しかし、一般的にあたかも史実のごとく繰り返し語り継がれていることにも、腑に落ちないことは多々ある。それらのことに上田氏なりの解釈て深く切り込んだ本書は納得できるところ大であった。時を重ね種々情報を得た後改めて再読してみたい本だ。
  • 要訣 百万石の留守居役(十七)
    完結しました百万石の留守居役
    一見主役のようでしたが本当の主役は本多政長
    幕引きもカッチリ仕上げました
    最後に「あれは実は・・・」をカマす上田秀人
    先生のロジカル小説で近年最大の大鉈を喰らう

    秀忠が関ケ原遅延したのは大久保忠隣の策謀!

    うなずいてしまったな(´・ω・`)タシカニ
  • 要訣 百万石の留守居役(十七)

    お疲れ様でした。

    いやはや、いつどのように終わるのかと思っていましたが、ついに終わりましたネ
    まだまだ続いてもおかしくない展開で、少し残念です。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!