密封 奥右筆秘帳(一)

密封 奥右筆秘帳(一)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 750円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

立花併右衛門は江戸城の書類決裁に関わる奥右筆組頭。権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、12年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。その帰路、何者かの襲撃を受け、隣家の次男柊衛悟を護衛につけるも、2人はすでに幕政の闇の渦中にあった。読み応え抜群、気鋭の新シリーズ開幕。2009年この書き下ろし時代小説がすごい! 第1位。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2007年09月
コンテンツ形式
EPUB

「密封 奥右筆秘帳(一)」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月14日

奥右筆シリーズ1巻。命を狙われる奥右筆組頭立花併衛門と隣家の次男坊柊衛悟。将軍家に渦巻く野望、陰謀、危機を乗りきることができるのか。
相変わらずアクションあり、智略ありのクオリティの高い時代物。冥福防人という中二病的名前の謎の男(といってもすぐに正体はばれる)が出てきた時にはどうなるかと思ったが、出...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月15日

上田作品を初めて読んだ。
歴史に疎いので、登場人物の将軍や老中などがよく分からずに読んでいたが、
途中で調べたりして、すっかりハマってしまった。
主人公だと思っていた衛梧がやられそうになり、アレ主人公はやはり祐筆の
隣のおじさんかしらと思ったり、ドキドキハラハラ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月06日

知り合いの人から、おもしろいという推薦を受けて読んだ本でしたが、確かに期待を裏切らないおもしろさでした。
江戸時代の幕府行政・政治がとてもリアリティに溢れていて、そちら方面にはほとんど知識のなかった僕には実におもしろかったことと、剣劇場面では真剣勝負のディテールが良くできていて、読んでいて手に汗握り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月01日

上田秀人さんという作家が気になっていたので手に取った本。
一話完結と思っていましたが、そうではありませんでした。
そのためか、最初は主人公の環境(時代背景とか仕事の内容とか)
の説明がやたら長い上に、物語の背景が分かりづらいため、
物語に入っていくのに、かなり時間がかかりました。
しかしそれを超える...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月12日

シリーズ第一弾
奥右筆組頭立花併右衛門が田沼意知刃傷事件から幕府の闇に
隣の二男・柊衛吾を護衛に
次期将軍家基の死の闇も

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!