悪魔と呼ばれた男

悪魔と呼ばれた男

968円 (税込)

4pt

累計700万部「心霊探偵八雲」完結後、
神永学が送る
新たなヒーローは、
この男だ――!

警視庁特殊犯罪捜査室所属・阿久津。
彼の掌は、悪を摘む。

☆☆☆
悪魔が刻む逆さ五芒星は、死の証――。

警視庁に新設された特殊犯罪捜査室。
配属された天海志津香は犯罪心理のスペシャリストとして、
捜査一課のエース・阿久津と、通称〈悪魔〉による連続殺人を追うことに。
続発する猟奇事件の裏側に国政をも揺り動かす巨大な陰謀が……。

一気読み必至の神永マジックに刮目せよ!

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

悪魔と呼ばれた男 のシリーズ作品

1~2巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~2件目 / 2件
  • 悪魔と呼ばれた男
    968円 (税込)
    累計700万部「心霊探偵八雲」完結後、 神永学が送る 新たなヒーローは、 この男だ――! 警視庁特殊犯罪捜査室所属・阿久津。 彼の掌は、悪を摘む。 ☆☆☆ 悪魔が刻む逆さ五芒星は、死の証――。 警視庁に新設された特殊犯罪捜査室。 配属された天海志津香は犯罪心理のスペシャリストとして、 捜査一課のエース・阿久津と、通称〈悪魔〉による連続殺人を追うことに。 続発する猟奇事件の裏側に国政をも揺り動かす巨大な陰謀が……。 一気読み必至の神永マジックに刮目せよ!
  • 悪魔を殺した男
    990円 (税込)
    累計700万部「心霊探偵八雲」完結――そして、新たなヒーロー! この男、獣より残酷で、聖女のごとく純粋。 警視庁特殊犯罪捜査室が巨悪と対峙する! 超絶技巧どんでん返しミステリー 【巻末特別SS「悪魔の予言者」収録】 ーーー 予言者と呼ばれ、触れた者の過去を見通す男・阿久津。 彼とかつてコンビを組んだ警視庁特殊犯罪捜査室の 天海志津香は、猟奇的皮剥ぎ連続殺人に遭遇。 捜査の末に警察のさらなる暗部に直面するなか、 警察内部監査室が阿久津を付け狙いはじめ――。 人の心に棲む悪魔を直視せよ。 一行先も予測不能の神永学・最高傑作!

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

悪魔と呼ばれた男 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    特殊犯罪捜査室に配属された天海は、予言者と呼ばれる検挙率No.1の阿久津と共に、悪魔と呼ばれる猟奇的な連続殺人鬼を追う任務を与えられる。過去と現在が入り乱れるエピソードや複雑な人物相関が徐々に紐解かれれていく。殺人鬼の目線で語られるパートもあるが、その殺人鬼を上回る阿久津の不可思議な人物像が良い。盛

    0
    2023年10月02日

    Posted by ブクログ

    心霊探偵八雲シリーズが終わり、しっかりロスになっていたところに神永さんがまた面白いシリーズを作ってくださいました!!
    登場人物も魅力的で内容もtheミステリーという感じでワクワク♪
    スラスラ読んでしまい次の刊、悪魔を殺した男まで一瞬で終わりました。
    何となく気づいてたけどそんな、、、神永さんやっぱり

    0
    2023年07月28日

    Posted by ブクログ

    あまり警察小説って読まない。勝手なイメージだが、動機をメインとしている気がするから。
    もちろん面白さとしては否定しないが、個人的にはトリックとかのほうが好き。
    でも本作は面白かった!
    警察小説っていうよりは、神永学の小説って感じだった。

    0
    2022年11月26日

    Posted by ブクログ

    連続殺人事件を追う特殊犯罪捜査室の阿久津と天海。一見無関係に思える被害者たち、隠された共通点に気がつくのはその秘密を知る者達。四百ページを超える長さなのに一気に読んでしまう面白さでした。

    0
    2021年04月27日

    Posted by ブクログ

    ストーリーに飲み込まれるように、読むことに没頭してしまった。
    違う視点からの違う時間軸の話を追いながら、少しずつパズルのピースが集まり、埋まっていっていることは分かるのに、大切な真実が手のひらをすり抜けていくような感覚があり、同僚の阿久津の掴めない心もあいまって、天海を通してもどかしさが伝わってきた

    0
    2021年03月06日

    Posted by ブクログ

    〈悪魔〉と呼ばれる連続猟奇殺人犯と、それを追う主人公の刑事、そしてミステリアスな相棒。
    殺人犯はもちろん悪魔的だけど、事件を取り巻く人々もそれぞれ違う悪魔的部分を持っていて、目まぐるしくストーリーが進展していく。
    続きが気になって読み出したら止まらない本でした!

    0
    2020年12月13日

    Posted by ブクログ

    推理ものは展開がほぼ読めてしまう為敬遠していたけれど。
    これはこれは、想像を超える結末でした。
    阿久津さんと天海さんシリーズ。
    続編があるのならば絶対読みたい。

    0
    2023年10月09日

    匿名

    購入済み

    すごかったー

    誰が悪魔か、話の後半まで全く気づかなかったです!
    まさかの展開で驚きました!

    #切ない #怖い #ダーク

    0
    2023年05月23日

    Posted by ブクログ

    この結末は良いのか悪いのか、どちらも肯定してしまう矛盾。でも白黒つけることが出来ないし、白黒つけたいわけでもない。
    矛盾を肯定するということ。それぐらいこの問題は難しい。

    あと阿久津の体質だったら人を信じることは出来ないだろうな。でも完全に信用できる人を見つけることができるかも。

    0
    2022年11月18日

    Posted by ブクログ

    ちょっとグロい描写はありますが最初から最後までハラハラしっぱなしの展開でした。結末も想像の斜め上をいっていて面白かったです。

    0
    2022年05月02日

悪魔と呼ばれた男 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

神永学 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す