「幻冬舎文庫」おすすめ作品一覧

「幻冬舎文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2017/09/15更新

「幻冬舎文庫」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • アイネクライネナハトムジーク
    伊坂さんは読み始めると止まらなくなる。
    短編集なのに。

    必ず現れるオレ理論の人物の発想も面白いし、
    伊坂ワールド全開。
    で、あとがきで、斎藤さんの曲が斎藤さんの曲だったことに気づく。
  • 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
    なんとなく、姫野カオルコさんのエッセーっぽい匂いがするなぁーと思っていましたが、内容やテーマは似ているものの、どちらかというと私は姫野さんよりもジェーン・スーさんの方が自己認識度合いが似ているようで、共感できたし理解しやすかったです。理解しやすいから面白いという部分でもありますね。
    姫野カオルコさん...続きを読む
  • 給食のおにいさん
    今年(2017年)の夏頃、Twitterなどで「横浜市の中学校の昼休みが非常に短く、子どもたちがゆっくり昼食をとれない」という話題を目にし、学校給食のありがたみやあり方について考える機会がありました。
    そう云えばちょっと前に天海祐希さん主演で給食調理員のドラマをやってたっけと思い出し、原作を読んでみ...続きを読む
  • 去年の冬、きみと別れ
    個人的に大好きな、頭の中がぐるぐるしてくる心理描写のあるお話で、かつ謎解きというか(ミステリなので当然かもしれませんが)これとこれがこうつながって...と考えを巡らせたり、ときには登場人物の関係性の図を書きながら読みました。とても面白かったです。それにとても「今時」なお話だなあとも思いました。
    あと...続きを読む
  • アイネクライネナハトムジーク
    伊坂幸太郎らしい、茶目っ気がある文章に乗せられた群像劇。

    最終的にはウィストン小野というヘビー級ボクサーのチャンピオンマッチへと集約していくのだが、今までの登場人物が緩やかに彼の人生はと関わっていることがあるから、ラストの試合の描写には熱が入った。

    単に群像劇と見てもウィットに富んでいて面白いの...続きを読む

特集