「高嶋哲夫」おすすめ作品一覧

「高嶋哲夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/09更新

ユーザーレビュー

  • M8 エムエイト
    本著は、阪神淡路大震災後、東日本大震災前に書かれたものである。地震予知の技術的及び心理的な難しさというのがよくわかる。我々は地震の恐怖について、どこまで実感しているのか。私の住む北海道でも大震災があり、電気が数日に渡りストップしたものの、自分の身の回りは電気が復活したとたんに通常を取り戻した。どこか...続きを読む
  • 神童
    高嶋哲夫『神童』幻冬舎文庫。

    『電王』の改題、加筆修正、文庫化作品。2018年10月の幻冬舎文庫の新刊の中ではピカイチの面白さだろう。

    最新のICTの動向を背景に二人の天才の友情と人生を描いた面白い物語であった。ストーリーに多少の贅肉があるようにも思うが、本筋である二人の天才の人生ドラマは間違い...続きを読む
  • M8 エムエイト
    こういう地震などの災害系は難しい科学的な事が書かれているパターンが多いんだけど、これはその辺が最低限にされていて、とても読みやすかった。
    しかもリアリティでもあるし、地震の怖さを認識できます。

    これが東日本大震災より前に書かれているというのがスゴい。
    逆にこの作品が東日本大震災より前に映画になるな...続きを読む
  • 首都感染
    私もこの新型インフルエンザと戦ってる気分でした。この緊迫した雰囲気、途中の重大な決断を迫られるとき、人として、医療従事者として、大臣として、親として、子として…さまざまな立場のさまざまな葛藤。ワクチンや新薬の治験や副作用の確認にかかる時間や認可の問題。読み終わったら、はぁとなりました。これは決して物...続きを読む
  • TSUNAMI 津波
    東日本大震災より以前に書かれた津波の恐ろしさを教えてくれる作品。
    大地震で高い建物が崩壊し、そこに大津波が押し寄せてきたら...

特集