フライ・トラップ JWAT・小松原雪野巡査部長の捜査日記

フライ・トラップ JWAT・小松原雪野巡査部長の捜査日記

作者名 :
通常価格 607円 (552円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

O県警生活安全部「JWAT(ジェイワット)」は女性と子供の安全を守る特別チーム。一員である巡査部長・小松原雪野は、夜の公園で保護した高校生・隼人の証言に不信感を抱く。見知らぬ男たちに襲われたという彼は、なにかを隠しているようなのだ。路上強盗事件や、脱法ハーブとそれを入り口とした麻薬禍を追ううち、彼女は少年たちの中に潜んだ闇の存在に気がつく。だが、それは悪夢のはじまりにすぎなかった──。高嶋哲夫がスリリングに描く、書き下ろし新感覚警察小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2013年04月12日
紙の本の発売
2013年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

フライ・トラップ JWAT・小松原雪野巡査部長の捜査日記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    O県警生活安全部「JWAT」は女性と子供を守る特別チーム。一員である小松原雪野は、夜の公園で保護した高校生・隼人の証言に不信感を抱く。サラリーマンを襲う少年や、蔓延りだした脱法ハーブを追ううち、彼女は少年たちのなかに潜んだ闇の存在に気がつく。だが、それは悪夢のはじまりにすぎなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月18日

    この作家は、元々原子力技術者。
    文章を読んでいると、その片鱗を感じることもある。

    この作品もそう。
    キッチリと、筋が通った書き方で、
    もし違う人が書いていたら、もう少し違う感じに
    なっていたのかもしれないけど、この作品はこの作品で、
    素直に読み進むことが出来て、読みやすかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています