命の遺伝子

命の遺伝子

作者名 :
通常価格 1,037円 (943円+税)
紙の本 [参考] 1,155円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベルリンでの講演直後、天才遺伝子科学者トオル・アキツは何者かに攫われ、爆破事件で吹き飛ばされた男の手首を見せられた。四十代のものに見える手首の主は、生きていれば百歳を超えるナチス武装親衛隊の大佐だという。謎を解明するためブラジルの奥地へ向かったトオルの前に、ナチスの壮大な陰謀が姿を現す。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2011年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

命の遺伝子 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年06月09日

    遺伝子科学者トオル・アキツは、ナチハンターのフェルドマンから男の手首のDNA鑑定を依頼されるが・・・
    ナチスの陰謀とか、ジャングルに住む謎の村人とかに、遺伝子科学が絡めてあるっていうだけで、既におもしろい。
    次から次へと敵も仕掛けてくるので、飽きる間もなく、一気に読めちゃう。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    原発や地震や津波以外の作品も結構いけるじゃん、という感じ。映画化されてもおかしくないプロットだと思う。似たようなテーマで、やはりキリストがからむ「イエスの遺伝子」には及ばないけど。
    テーマとは若干それるけど、少しだけでてきたナチスとバチカンの関係にたいへん興味を覚えた。それは、バチカンが唯物論のソ連...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています